宮城県南三陸町にてNTTドコモが地元農家の支援へ/周辺情報・写真などのコンテンツ配信とファン獲得、販売支援などを検討

携帯電話最大手のNTTドコモが、東日本大震災で深刻な被害を受けた宮城県南三陸町で、農業の支援事業に乗り出すことを発表した。地元農家が作った自然栽培のコメや薬草の情報発信や販売促進を支援する、という。農作物はブランド化を進め、雇用創出を目指す。     ドコモが支援するのは、同町の山間部にある入谷地区の地元農家。今月下旬、津波の塩害がなかった約2500平方メートルの土地で、無農薬のササニシキと漢方薬に使われる多年草「トウキ」の栽培が始まるのを契機に支援体制を整えた。     ドコモは、田植え風景や地域に生息する動植物の写真などを携帯端末向けコンテンツとして配信。全国に栽培状況や自然環境を伝えることで、ファンの獲得をはかる。また野菜宅配大手「らでぃっしゅぼーや」の販路を活用した農作物の販売支援も検討している。     今回の支援は震災後にドコモが設置した「東北復興新生支援室」の活動の一環で、「地域の特産を生み出して雇用につなげ、観光客も誘導したい」(同室)としている。<参考:産経ニュースより>    ]]>