白木屋・魚民などのモンテローザの子会社ファームが山梨県の5ヘクタール農地を貸借し、2ヶ所目の農場開設・異なる生産地にて安定供給へ

「白木屋」「魚民」「笑笑」などを展開する株式会社モンテローザの100%出資子会社である有限会社モンテローザファームは、2012年2月末から山梨県南都留郡忍野村で約5ヘクタールの農地を賃借し、農場の運営を開始した。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

新たに山梨県南都留郡忍野村で農業を展開
白木屋・魚民・笑笑のモンテローザグループで


 「白木屋」「魚民」「笑笑」などを展開する株式会社モンテローザ(本社 東京都武蔵野市 代表取締役 大神輝博)の100%出資子会社である有限会社モンテローザファーム(本店 東京都武蔵野市 代表取締役 大神輝博)は、平成24年2月末から山梨県南都留郡忍野村で約5ヘクタールの農地を賃借し、農場の運営を開始いたしました。

山梨県南都留郡忍野村の農場(以下「忍野村農場」といいます。)は、茨城県牛久市(以下「牛久農場」といいます。)の農場に続き2箇所目となります。


忍野村農場では、グリーンカールやキャベツを栽培する予定で、当社が展開する「白木屋」「魚民」「笑笑」などの店舗のサラダ等に使用いたします。なお、牛久農場との気候の違いを利用して、生産・出荷時期をずらすことにより、当社へ年間をとおしてより安定的な農産物の供給を企図しています。
また、今後、忍野村農場でも有機JAS認定の取得を予定しています。


 農家の高齢化、農業の担い手の減少、耕作放棄地の増加が進む国内農業の環境下、当社グループが少しでも日本各地の農業の担い手となり、国内の農業事業に寄与できるよう、また、今後も一層、安心・安全で新鮮な野菜を提供するため、取り組んでまいります。


有限会社モンテローザファームの概要
1. 農場
(1)牛久農場 茨城県牛久市久野町(第一圃場 約1.9ha、第二圃場 約1ha)
(2)忍野村農場 山梨県南都留郡忍野村(約5.1ha)

2. 沿革
 平成15年10月 法人設立
 平成16年07月 従業員の農業研修を開始
 平成20年10月 茨城県牛久市の農場で農業事業開始(第一圃場)
 平成21年11月 牛久農場の第一圃場で有機JAS認定(転換期間中有機農産物)を受ける
 平成22年03月 牛久農場の第一圃場の近隣に第二圃場設置
 平成22年12月 牛久農場の第一圃場で有機JAS認定(有機農産物)を受ける
 平成24年02月 山梨県南都留郡忍野村で農業事業を開始


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  6. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  7. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  8. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
ページ上部へ戻る