白木屋・魚民などのモンテローザの子会社ファームが山梨県の5ヘクタール農地を貸借し、2ヶ所目の農場開設・異なる生産地にて安定供給へ

「白木屋」「魚民」「笑笑」などを展開する株式会社モンテローザの100%出資子会社である有限会社モンテローザファームは、2012年2月末から山梨県南都留郡忍野村で約5ヘクタールの農地を賃借し、農場の運営を開始した。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

新たに山梨県南都留郡忍野村で農業を展開
白木屋・魚民・笑笑のモンテローザグループで


 「白木屋」「魚民」「笑笑」などを展開する株式会社モンテローザ(本社 東京都武蔵野市 代表取締役 大神輝博)の100%出資子会社である有限会社モンテローザファーム(本店 東京都武蔵野市 代表取締役 大神輝博)は、平成24年2月末から山梨県南都留郡忍野村で約5ヘクタールの農地を賃借し、農場の運営を開始いたしました。

山梨県南都留郡忍野村の農場(以下「忍野村農場」といいます。)は、茨城県牛久市(以下「牛久農場」といいます。)の農場に続き2箇所目となります。


忍野村農場では、グリーンカールやキャベツを栽培する予定で、当社が展開する「白木屋」「魚民」「笑笑」などの店舗のサラダ等に使用いたします。なお、牛久農場との気候の違いを利用して、生産・出荷時期をずらすことにより、当社へ年間をとおしてより安定的な農産物の供給を企図しています。
また、今後、忍野村農場でも有機JAS認定の取得を予定しています。


 農家の高齢化、農業の担い手の減少、耕作放棄地の増加が進む国内農業の環境下、当社グループが少しでも日本各地の農業の担い手となり、国内の農業事業に寄与できるよう、また、今後も一層、安心・安全で新鮮な野菜を提供するため、取り組んでまいります。


有限会社モンテローザファームの概要
1. 農場
(1)牛久農場 茨城県牛久市久野町(第一圃場 約1.9ha、第二圃場 約1ha)
(2)忍野村農場 山梨県南都留郡忍野村(約5.1ha)

2. 沿革
 平成15年10月 法人設立
 平成16年07月 従業員の農業研修を開始
 平成20年10月 茨城県牛久市の農場で農業事業開始(第一圃場)
 平成21年11月 牛久農場の第一圃場で有機JAS認定(転換期間中有機農産物)を受ける
 平成22年03月 牛久農場の第一圃場の近隣に第二圃場設置
 平成22年12月 牛久農場の第一圃場で有機JAS認定(有機農産物)を受ける
 平成24年02月 山梨県南都留郡忍野村で農業事業を開始


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  2. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  3. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  9. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  10. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る