三菱重工業の子会社が所有の賃貸ビル内・飲食施設にてリーフレタスやベビーリーフを栽培。植物工場はビル屋上の太陽光発電システムを利用

三菱重工業が100%出資する建物資産運営管理会社:田町ビルは、自社が所有する東京都港区、JR田町駅前の賃貸ビル「第一田町ビル」の地下1階にある飲食施設に、太陽光発電の電力を利用した小型植物工場(野菜栽培装置)2台を設置した。飲食施設では、この植物工場でできたばかりの無農薬野菜を使った料理の提供を始めた。
植物工場は棚で野菜を栽培する仕組みで、リーフレタスと、ベビーリーフ(発芽後10〜30日の若い葉菜)など小さな野菜を栽培する。1日あたり、リーフレタスが約60株(約6kg)、ベビーリーフなどは約1500株(約2kg)収穫でき、サラダ、レタスシューマイ、ベビーリーフと生ハムのピザなどの料理に使う。
植物工場は、ビルの屋上に設置した三菱重工製の太陽光発電システムで発電した電力を利用する。自然エネルギーでつくった野菜を「店産店消」することで、環境・地域貢献につなげる。飲食施設は田町ビルが所有し、外食チェーン大手のニユートーキヨーに運営を委託してランチとディナーを提供。植物工場で収穫した野菜は、主にディナーに使用する。
田町ビルは植物工場を1月に導入して安定した収穫のための実証栽培や、採れたばかりの野菜の魅力を表現するメニューの考案などをニユートーキヨーと進めた。試食会で露地栽培の野菜との食べ比べも実施し、植物工場で収穫した野菜メニューの集客力を確認して提供開始した。今後、田町ビルが賃貸・管理するビルの入居テナントにも利用を促す。(参考:同社プレスリリースより)
]]>