三菱重工業の子会社が所有の賃貸ビル内・飲食施設にてリーフレタスやベビーリーフを栽培。植物工場はビル屋上の太陽光発電システムを利用

三菱重工業が100%出資する建物資産運営管理会社:田町ビルは、自社が所有する東京都港区、JR田町駅前の賃貸ビル「第一田町ビル」の地下1階にある飲食施設に、太陽光発電の電力を利用した小型植物工場(野菜栽培装置)2台を設置した。飲食施設では、この植物工場でできたばかりの無農薬野菜を使った料理の提供を始めた。


植物工場は棚で野菜を栽培する仕組みで、リーフレタスと、ベビーリーフ(発芽後10〜30日の若い葉菜)など小さな野菜を栽培する。1日あたり、リーフレタスが約60株(約6kg)、ベビーリーフなどは約1500株(約2kg)収穫でき、サラダ、レタスシューマイ、ベビーリーフと生ハムのピザなどの料理に使う。


植物工場は、ビルの屋上に設置した三菱重工製の太陽光発電システムで発電した電力を利用する。自然エネルギーでつくった野菜を「店産店消」することで、環境・地域貢献につなげる。飲食施設は田町ビルが所有し、外食チェーン大手のニユートーキヨーに運営を委託してランチとディナーを提供。植物工場で収穫した野菜は、主にディナーに使用する。


田町ビルは植物工場を1月に導入して安定した収穫のための実証栽培や、採れたばかりの野菜の魅力を表現するメニューの考案などをニユートーキヨーと進めた。試食会で露地栽培の野菜との食べ比べも実施し、植物工場で収穫した野菜メニューの集客力を確認して提供開始した。今後、田町ビルが賃貸・管理するビルの入居テナントにも利用を促す。(参考:同社プレスリリースより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  2. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  3. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  5. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  10. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  4. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
ページ上部へ戻る