みらいと日本GEが「みやぎ復興パーク」内の人工光型植物工場で環境制御最適化などの実証実験を開始/高効率な植物育成用LEDの開発へ

株式会社みらいと、日本GE株式会社は、本年夏をめどに、宮城県多賀城市の「みやぎ復興パーク」内に新設する人工光型植物工場において、環境制御の最適化とLED照明を利用した実証実験を開始する


みやぎ復興パークは、公益財団法人みやぎ産業支援機構が管理する、東北地域のものづくり産業の復興などを図る目的で整備されたエリアで、事業の早期復興や新事業展開を図る企業、産学連携により新たな事業創出を目指す研究開発を行う機関・企業等が入居予定となっている。以下、プレスリリースを掲載しておく。

みらいと日本GE、「みやぎ復興パーク」内の人工光型植物工場で環境制御最適化などの実証実験を開始
〜先端農業で、東北の復興と新産業創出を支援〜


株式会社みらい(事務所:千葉県松戸市、代表取締役:嶋村茂治、以下 みらい)と、日本GE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:マーク・ノーボン、以下日本GE)は、本年夏をめどに、宮城県多賀城市の「みやぎ復興パーク」内に新設する人工光型植物工場において、環境制御の最適化とLED照明を利用した実証実験を開始します。


実証実験は、みらいが主体となり日本GEとの協働を通じて実施されるもので、経済産業省 東北経済産業局による東北地方の復興等を目的とした「IT融合による新産業創出のための研究開発事業」として本年3月1日に採択され、また宮城県の補助事業としても3月29日に採択されました。


実験は、以下2つの主要テーマに沿って行われる予定です。

(1)IT技術を活用した人工光型植物工場内の環境制御の最適化(光源、温度、湿度、CO2濃度、ph値など)
みらいが長年積み重ねてきた栽培に関するノウハウをベースに独自開発したソフトウェアと、GE製のセンサや解析システムを中心に、植物工場内における最適な環境制御の実現を目指します。


(2)高効率(エネルギー効率・栽培効率)実現による経済性の確保(短期間内での投資回収)に向けた植物育成用LED照明の開発、及び最適な照明設計
これまで課題とされている経済性確保の実現に向け、GEの照明事業部門が新たな植物育成用LED照明の開発を担います。

また、両社協働で波長の最適化、及び植物栽培の全工程におけるLED照明活用を踏まえた最適な照明設計に取り組みます。なお、植物工場において異なるCO2濃度で栽培された野菜の栄養などの成分分析については、千葉大学大学院園芸学研究科の丸尾達准教授にサポートをいただきます。


みらいの嶋村茂治社長は、「植物工場において環境を制御するだけであれば、ある程度の技術があればできます。ただ、安定した植物栽培を実現するためには確かな理論とノウハウが必要です。私たちはこれまで得たデータをすべて栽培ソフトに反映し、栽培の精度を高め続けてきました


今後、みらいは本実証実験を通して、野菜の生産性や事業性を実証・評価し、東北地方の復興を支援する事業モデルの確立を目指すとともに、地元農業関係者やスーパーとの連携を広く模索し、宮城県多賀城市とも協調して、2013年中には大規模事業フェーズへの移行も予定しています

将来的には、IT技術を用いた双方向制御システムにより遠隔操作で植物栽培を行い、収穫時の歩留り率90%というこれまでにない高い生産性を実現する植物工場の事業モデルの確立を目指します」と述べています。


日本GEのマーク・ノーボン社長兼CEOは、「本実証実験において、効率的かつ効果的な植物工場の実現に向けたインフラ提供を行うことで、復興と新しい農業に貢献できる機会が得られることを大変嬉しく思います。

GEは、欧州の大規模農業インフラ整備においてガスエンジンを用いたトリジェネレーション(電気、排熱、植物の光合成を促進させる二酸化炭素を供給するシステム)の実績もあり、今後、日本の先端農業分野で幅広いパートナーシップの構築や技術の活用を模索していきたいと考えています」と述べています。


※参考:<GEについて>
GEは、重要な課題の解決に取り組む企業です。最高の人材、最高のテクノロジーを活用し、エナジー、ヘルスケア、ホーム、トランスポテーション(運輸)、金融サービスなどの分野で、困難な課題の解決に貢献しています。世界中のインフラやビジネス構築、電力供給、運輸、医療など様々な分野でGEの製品・サービスが使われています。私達は、イマジネーションだけでなく、「実行」する企業です。課題解決を行動にうつす、それがGEの仕事です。日本におけるGEの事業・活動等については、http://www.ge.com/jp/をご覧下さい。


<GE照明部門について>
商業、産業、および一般家庭向けの主要な家電製品、照明、システム、およびサービス分野におけるグルーバル・リーダーとして、世界各国で事業を展開しています。GEが全社横断的に進める技術イノベーションとエコマジネーションに積極的に取り組むことで、環境に関する差し迫った課題へのお客さまの対応を支援する製品やソリューションのラインアップを拡大しています。

GEの製品は、一般消費者向けにはMonogram(R)、Profile(TM)、GE(R)、Hotpoint(R)、SmartWater(TM)、Reveal(R)、およびEnergy Smart(R)、商業分野向けにはTetra(R)、Vio(TM)、およびImmersion(R)ブランドとして販売されています。日本の照明事業を担うGEコンシューマー・プロダクツ・ジャパン株式会社、および照明製品については、http://www.ge.com/jp/products_services/lighting.htmlをご覧下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  4. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  8. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  2. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  3. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る