みらいと日本GEが「みやぎ復興パーク」内の人工光型植物工場で環境制御最適化などの実証実験を開始/高効率な植物育成用LEDの開発へ

株式会社みらいと、日本GE株式会社は、本年夏をめどに、宮城県多賀城市の「みやぎ復興パーク」内に新設する人工光型植物工場において、環境制御の最適化とLED照明を利用した実証実験を開始する


みやぎ復興パークは、公益財団法人みやぎ産業支援機構が管理する、東北地域のものづくり産業の復興などを図る目的で整備されたエリアで、事業の早期復興や新事業展開を図る企業、産学連携により新たな事業創出を目指す研究開発を行う機関・企業等が入居予定となっている。以下、プレスリリースを掲載しておく。

みらいと日本GE、「みやぎ復興パーク」内の人工光型植物工場で環境制御最適化などの実証実験を開始
〜先端農業で、東北の復興と新産業創出を支援〜


株式会社みらい(事務所:千葉県松戸市、代表取締役:嶋村茂治、以下 みらい)と、日本GE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:マーク・ノーボン、以下日本GE)は、本年夏をめどに、宮城県多賀城市の「みやぎ復興パーク」内に新設する人工光型植物工場において、環境制御の最適化とLED照明を利用した実証実験を開始します。


実証実験は、みらいが主体となり日本GEとの協働を通じて実施されるもので、経済産業省 東北経済産業局による東北地方の復興等を目的とした「IT融合による新産業創出のための研究開発事業」として本年3月1日に採択され、また宮城県の補助事業としても3月29日に採択されました。


実験は、以下2つの主要テーマに沿って行われる予定です。

(1)IT技術を活用した人工光型植物工場内の環境制御の最適化(光源、温度、湿度、CO2濃度、ph値など)
みらいが長年積み重ねてきた栽培に関するノウハウをベースに独自開発したソフトウェアと、GE製のセンサや解析システムを中心に、植物工場内における最適な環境制御の実現を目指します。


(2)高効率(エネルギー効率・栽培効率)実現による経済性の確保(短期間内での投資回収)に向けた植物育成用LED照明の開発、及び最適な照明設計
これまで課題とされている経済性確保の実現に向け、GEの照明事業部門が新たな植物育成用LED照明の開発を担います。

また、両社協働で波長の最適化、及び植物栽培の全工程におけるLED照明活用を踏まえた最適な照明設計に取り組みます。なお、植物工場において異なるCO2濃度で栽培された野菜の栄養などの成分分析については、千葉大学大学院園芸学研究科の丸尾達准教授にサポートをいただきます。


みらいの嶋村茂治社長は、「植物工場において環境を制御するだけであれば、ある程度の技術があればできます。ただ、安定した植物栽培を実現するためには確かな理論とノウハウが必要です。私たちはこれまで得たデータをすべて栽培ソフトに反映し、栽培の精度を高め続けてきました


今後、みらいは本実証実験を通して、野菜の生産性や事業性を実証・評価し、東北地方の復興を支援する事業モデルの確立を目指すとともに、地元農業関係者やスーパーとの連携を広く模索し、宮城県多賀城市とも協調して、2013年中には大規模事業フェーズへの移行も予定しています

将来的には、IT技術を用いた双方向制御システムにより遠隔操作で植物栽培を行い、収穫時の歩留り率90%というこれまでにない高い生産性を実現する植物工場の事業モデルの確立を目指します」と述べています。


日本GEのマーク・ノーボン社長兼CEOは、「本実証実験において、効率的かつ効果的な植物工場の実現に向けたインフラ提供を行うことで、復興と新しい農業に貢献できる機会が得られることを大変嬉しく思います。

GEは、欧州の大規模農業インフラ整備においてガスエンジンを用いたトリジェネレーション(電気、排熱、植物の光合成を促進させる二酸化炭素を供給するシステム)の実績もあり、今後、日本の先端農業分野で幅広いパートナーシップの構築や技術の活用を模索していきたいと考えています」と述べています。


※参考:<GEについて>
GEは、重要な課題の解決に取り組む企業です。最高の人材、最高のテクノロジーを活用し、エナジー、ヘルスケア、ホーム、トランスポテーション(運輸)、金融サービスなどの分野で、困難な課題の解決に貢献しています。世界中のインフラやビジネス構築、電力供給、運輸、医療など様々な分野でGEの製品・サービスが使われています。私達は、イマジネーションだけでなく、「実行」する企業です。課題解決を行動にうつす、それがGEの仕事です。日本におけるGEの事業・活動等については、http://www.ge.com/jp/をご覧下さい。


<GE照明部門について>
商業、産業、および一般家庭向けの主要な家電製品、照明、システム、およびサービス分野におけるグルーバル・リーダーとして、世界各国で事業を展開しています。GEが全社横断的に進める技術イノベーションとエコマジネーションに積極的に取り組むことで、環境に関する差し迫った課題へのお客さまの対応を支援する製品やソリューションのラインアップを拡大しています。

GEの製品は、一般消費者向けにはMonogram(R)、Profile(TM)、GE(R)、Hotpoint(R)、SmartWater(TM)、Reveal(R)、およびEnergy Smart(R)、商業分野向けにはTetra(R)、Vio(TM)、およびImmersion(R)ブランドとして販売されています。日本の照明事業を担うGEコンシューマー・プロダクツ・ジャパン株式会社、および照明製品については、http://www.ge.com/jp/products_services/lighting.htmlをご覧下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  5. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  6. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  7. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  8. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  9. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  10. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る