植物工場・農業資材メーカーのMKVドリームが2013年から三菱樹脂アグリドリームへ社名変更・三菱のブランドネームを生かし事業拡大

三菱樹脂の連結子会社で植物工場や農業資材のトップメーカーであるMKV ドリームが、2013年1月1日付けで、社名を「三菱樹脂アグリドリーム株式会社」に変更する。同社は、三菱ブランドを復活させることで、農業フィルム事業における国内トップシェア地位の維持、植物工場などの早期事業化、海外への事業展開の加速を図っていく、という。以下、プレスリリース掲載しておく。

MKVドリーム株式会社の社名変更について

三菱樹脂株式会社(本社:東京都中央区 社長:姥貝 卓美)の連結子会社で、農業資材のトップメーカーであるMKVドリーム株式会社(本社:東京都中央区 社長:荻原勝年)は、2013年1月1日付けで、社名を「三菱樹脂アグリドリーム株式会社」に変更いたしますので、お知らせします。


【社名変更の背景と目的】
MKVドリーム社の前身となる三菱化学エムケーブイ株式会社は、設立当初より三菱グループの一社として業界をリードしてまいりましたが、農業資材の業界再編の一環として、2004年4月に三菱化学エムケーブイ社と三井化学プラテック株式会社が各々の農業資材事業を分離・統合したことによって「MKVプラテック株式会社」が発足したことに伴い、「三菱」冠称会社ではなくなりました。


その後、MKVプラテック社は、2009年7月に三菱樹脂グループの農業資材関連子会社2社を吸収合併し、現在の「MKVドリーム株式会社」に社名変更し、現在に至っております。しかしながら、依然としてお客様の農業資材における三菱ブランドへの信頼は厚く、その復活を望む声が多くあがりました。


また一方で、基盤事業である農業フィルム事業における国内トップシェアの地位をさらに磐石なものとするため、また、新規事業として取り組んでいる太陽光利用型植物工場、生分解マルチフィルム、薬用植物などの早期事業化の推進、さらにはアジアを中心とした海外への事業展開の加速のためにも、国内外で高い信用と信頼を誇る「三菱」の名前を社名に冠することが上策と判断し、今般、2013年1月1日付けで「三菱樹脂アグリドリーム株式会社」に社名を変更することといたしました。

MKVドリーム社は、「三菱樹脂アグリドリーム株式会社」として三菱ブランドを復活させることで、ブランド力の向上を図り、更なる事業の飛躍を遂げるべく取り組んでまいります。


【新社名】
和文 : 三菱樹脂アグリドリーム株式会社
英文 : Mitsubishi Plastics Agri Dream Co. , Ltd.


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  4. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  5. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  6. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  7. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  8. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  9. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  10. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  4. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
ページ上部へ戻る