西日本高速がナノバブル・微細気泡水で新会社を設立。清掃事業や農業分野・水耕栽培への応用を目指す(リーガレック)

西日本高速道路会社は4月2日、ナノバブル(ナノサイズの微細気泡)技術を活用した新会社「Ligaric(リーガレック)」(大阪府吹田市)を設立する。直径が数百ナノ(ナノは10億分の1)メートル以下の気泡を含んだ水を清掃など道路関連事業に役立てるほか、農業など幅広い分野への応用を目指す





設立する新会社では、ナノバブルをトイレの床清掃などで活用するほか、発生装置の販売、関連システムの開発・設計などの事業を予定する。設立時の資本金は1億円で西日本高速が全額を出資する。同社の南大津等・関西支社副支社長が社長に就任し、5月7日に事業を開始する。事業開始時に、ナノバブル関連機器製造販売の協和機設(広島県福山市)が5千万円を出資する。


西日本高速によると、ナノバブルを含んだ水を使ってトイレの床を清掃すると、洗剤を使わないので、従来の清掃方法に比べ使用する水の量を100分の1程度に減らせるという。プチトマトの水耕栽培実験では、水道水栽培に比べて収穫量が20%向上したという。<参考:日本経済新聞より> 以下、同社によるプレスリリース等を掲載しておく。(関連資料;PDFファイル

NEXCO西日本は、ナノバブル関連の会社、(株)Ligaricを設立します
平成24年3月28日
西日本高速道路株式会社

NEXCO西日本(大阪市北区、代表取締役会長兼社長:西村 英俊)は、ナノバブル(ナノサイズの微細気泡)技術を活用した会社を設立し、清掃など道路事業における活用から農業など多様な分野への適用拡大を図り、広く社会に貢献していきます。


1.会社の概要
会社名:株式会社 Ligaric
(Liquid(液体)、Gas(気体)、Reaction(反応)、Infinity(無限)、Creation(創造)の頭文字を取った、全く新しく世の中に無い造語。読み方は、「株式会社リーガレック」。)
本社:大阪府吹田市清水15番1号
代表取締役社長:南大津 等(現職:関西支社副支社長) 予定
会社設立予定日:平成24年4月2日
事業開始予定日:平成24年5月7日 
主な事業:ナノバブル関連事業(ナノバブル機器販売、システム開発・設計、技術開発・指導等)  
資本金:会社設立時:10,000万円(弊社単独出資)
事業開始時:15,000万円(出資比率 弊社:事業パートナー会社=約2:1)
なお、事業開始時に事業パートナー会社のナノバブル関連事業を承継予定 
事業パートナー会社:株式会社協和機設(所在:福山市、社長:辻秀泰、資本金:1,300万円)


2.事業方針
以下の事業展開によりナノバブルの多様な分野への適用拡大を図り、広く社会に貢献していくことを目指します

トイレ清掃等道路事業での活用定着化
ナノバブル発生装置の販売
設備・ライン用のナノバブル発生装置モジュールの設計・製作
発生装置の制御ノウハウの提供、ソリューションビジネスへの展開


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  2. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  7. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  8. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
ページ上部へ戻る