西日本高速がナノバブル・微細気泡水で新会社を設立。清掃事業や農業分野・水耕栽培への応用を目指す(リーガレック)

西日本高速道路会社は4月2日、ナノバブル(ナノサイズの微細気泡)技術を活用した新会社「Ligaric(リーガレック)」(大阪府吹田市)を設立する。直径が数百ナノ(ナノは10億分の1)メートル以下の気泡を含んだ水を清掃など道路関連事業に役立てるほか、農業など幅広い分野への応用を目指す





設立する新会社では、ナノバブルをトイレの床清掃などで活用するほか、発生装置の販売、関連システムの開発・設計などの事業を予定する。設立時の資本金は1億円で西日本高速が全額を出資する。同社の南大津等・関西支社副支社長が社長に就任し、5月7日に事業を開始する。事業開始時に、ナノバブル関連機器製造販売の協和機設(広島県福山市)が5千万円を出資する。


西日本高速によると、ナノバブルを含んだ水を使ってトイレの床を清掃すると、洗剤を使わないので、従来の清掃方法に比べ使用する水の量を100分の1程度に減らせるという。プチトマトの水耕栽培実験では、水道水栽培に比べて収穫量が20%向上したという。<参考:日本経済新聞より> 以下、同社によるプレスリリース等を掲載しておく。(関連資料;PDFファイル

NEXCO西日本は、ナノバブル関連の会社、(株)Ligaricを設立します
平成24年3月28日
西日本高速道路株式会社

NEXCO西日本(大阪市北区、代表取締役会長兼社長:西村 英俊)は、ナノバブル(ナノサイズの微細気泡)技術を活用した会社を設立し、清掃など道路事業における活用から農業など多様な分野への適用拡大を図り、広く社会に貢献していきます。


1.会社の概要
会社名:株式会社 Ligaric
(Liquid(液体)、Gas(気体)、Reaction(反応)、Infinity(無限)、Creation(創造)の頭文字を取った、全く新しく世の中に無い造語。読み方は、「株式会社リーガレック」。)
本社:大阪府吹田市清水15番1号
代表取締役社長:南大津 等(現職:関西支社副支社長) 予定
会社設立予定日:平成24年4月2日
事業開始予定日:平成24年5月7日 
主な事業:ナノバブル関連事業(ナノバブル機器販売、システム開発・設計、技術開発・指導等)  
資本金:会社設立時:10,000万円(弊社単独出資)
事業開始時:15,000万円(出資比率 弊社:事業パートナー会社=約2:1)
なお、事業開始時に事業パートナー会社のナノバブル関連事業を承継予定 
事業パートナー会社:株式会社協和機設(所在:福山市、社長:辻秀泰、資本金:1,300万円)


2.事業方針
以下の事業展開によりナノバブルの多様な分野への適用拡大を図り、広く社会に貢献していくことを目指します

トイレ清掃等道路事業での活用定着化
ナノバブル発生装置の販売
設備・ライン用のナノバブル発生装置モジュールの設計・製作
発生装置の制御ノウハウの提供、ソリューションビジネスへの展開


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  6. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  7. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  8. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  2. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る