西日本高速がナノバブル・微細気泡水で新会社を設立。清掃事業や農業分野・水耕栽培への応用を目指す(リーガレック)

西日本高速道路会社は4月2日、ナノバブル(ナノサイズの微細気泡)技術を活用した新会社「Ligaric(リーガレック)」(大阪府吹田市)を設立する。直径が数百ナノ(ナノは10億分の1)メートル以下の気泡を含んだ水を清掃など道路関連事業に役立てるほか、農業など幅広い分野への応用を目指す





設立する新会社では、ナノバブルをトイレの床清掃などで活用するほか、発生装置の販売、関連システムの開発・設計などの事業を予定する。設立時の資本金は1億円で西日本高速が全額を出資する。同社の南大津等・関西支社副支社長が社長に就任し、5月7日に事業を開始する。事業開始時に、ナノバブル関連機器製造販売の協和機設(広島県福山市)が5千万円を出資する。


西日本高速によると、ナノバブルを含んだ水を使ってトイレの床を清掃すると、洗剤を使わないので、従来の清掃方法に比べ使用する水の量を100分の1程度に減らせるという。プチトマトの水耕栽培実験では、水道水栽培に比べて収穫量が20%向上したという。<参考:日本経済新聞より> 以下、同社によるプレスリリース等を掲載しておく。(関連資料;PDFファイル

NEXCO西日本は、ナノバブル関連の会社、(株)Ligaricを設立します
平成24年3月28日
西日本高速道路株式会社

NEXCO西日本(大阪市北区、代表取締役会長兼社長:西村 英俊)は、ナノバブル(ナノサイズの微細気泡)技術を活用した会社を設立し、清掃など道路事業における活用から農業など多様な分野への適用拡大を図り、広く社会に貢献していきます。


1.会社の概要
会社名:株式会社 Ligaric
(Liquid(液体)、Gas(気体)、Reaction(反応)、Infinity(無限)、Creation(創造)の頭文字を取った、全く新しく世の中に無い造語。読み方は、「株式会社リーガレック」。)
本社:大阪府吹田市清水15番1号
代表取締役社長:南大津 等(現職:関西支社副支社長) 予定
会社設立予定日:平成24年4月2日
事業開始予定日:平成24年5月7日 
主な事業:ナノバブル関連事業(ナノバブル機器販売、システム開発・設計、技術開発・指導等)  
資本金:会社設立時:10,000万円(弊社単独出資)
事業開始時:15,000万円(出資比率 弊社:事業パートナー会社=約2:1)
なお、事業開始時に事業パートナー会社のナノバブル関連事業を承継予定 
事業パートナー会社:株式会社協和機設(所在:福山市、社長:辻秀泰、資本金:1,300万円)


2.事業方針
以下の事業展開によりナノバブルの多様な分野への適用拡大を図り、広く社会に貢献していくことを目指します

トイレ清掃等道路事業での活用定着化
ナノバブル発生装置の販売
設備・ライン用のナノバブル発生装置モジュールの設計・製作
発生装置の制御ノウハウの提供、ソリューションビジネスへの展開


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  2. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  3. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  5. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  6. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る