家庭菜園やベランダ菜園を応援する特化型ソーシャルネットワーキングサービスをオープン、スマホから栽培日記を簡単に記録可能(シーエーシー)

株式会社シーエーシーでは、家庭菜園やベランダ菜園のある生活を楽しむ人々を応援する特化型ソーシャルネットワーキングサービス「Cropnet」(クロップネット)を2012年3月30日にオープンする。Cropnetは、安心・安全はもちろん、美味しい野菜を食べたいという消費者の想いに応えるとともに、野菜作りを通した彩り豊かなライフスタイルを提案するSNSである。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。


家庭菜園を耕してる人専用のSNS「Cropnet」
「ベランダからハタケまで」をキャッチフレーズに、種まきの、そして5月には夏野菜の苗を植える季節を迎えるにふさわしい時期を選んでサービスを開始します。家庭菜園ユーザーに対して、これまで以上に家庭菜園やベランダ菜園を楽しめるサービスを提供し、家庭菜園をはじめとする野菜に関わる市場の活性化への貢献も目指します。4年後には100万人の会員獲得を目標としています。


cropnetは、提供するサービスを通じて、人と人、人と地域がつながり、野菜を通じた絆を広げていきたいという想いをもって推進してまいります。※Cropnetでは家庭菜園やベランダ菜園を粋に楽しむ人をクロッパーと呼んでいます。


■サービス概要
1)栽培日記の記録/検索サービス
・写真とコメントによる栽培の記録
・栽培品種や地域による栽培日記の検索
・栽培スケジュールの管理、アラート機能

2)フィード閲覧サービス
・フォローした相手の栽培日記等のフィード閲覧

3)Facebook、Twitterへの連携サービス
・Cropnetへの投稿と同時にFacebook、Twitterへも同報可能
・Facebookアカウントでログイン可能


■特徴
○スマートフォンから栽培日記をカンタン記録
 栽培日記は野菜(品種)の単位で作ります。種まきから収穫までの写真を一覧で見られるので、成長過程の小さな変化に気付け、収穫の感動を記録することができます。

○栽培方法を「品種」「地域」で探せる・聞ける
 自分に近い環境や同じ品種を栽培している仲間を探して、野菜の病気の対処方法など困ったことを質問できます。

○仲間とつながる
 同じ野菜を育てている人、市民農園仲間、スマートな育て方をしている人など気になったあの人をフォローして、みんなで喜びをシェアして、楽しさが倍増します。

○栽培スケジュールをコピー
 栽培上手な仲間のスケジュールを1クリックで自分のスケジュールにコピーできるので、成功確率を高めることができます。

○栽培スケジュールのアラート通知
 栽培スケジュールに登録した内容は、前日になったらメールでお知らせします。これで、追肥や摘芯を忘れるということもなくなります。

○「おすすめユーザー」「おすすめノート」
 仲間から「いいね」が集まると、自分と同じ地域のユーザーに評価が高いユーザーとして栽培日記が紹介されます。

○Facebook、Twitterへの同時投稿
 Cropnetへの記録(投稿)をFacebookやTwitterにも同時に投稿できるので、Cropnetユーザー以外の仲間とも簡単にコミュニケーションできます。また、Facebookアカウントで登録することができ、簡単にログインできます。


■利用方法
・Webサイト:http://cropnet.jp (PC、スマートフォンのWebブラウザから無料で利用可能)
・iPhoneアプリ:iPhone、iPad (App Storeから無料でダウンロード可能)

※3月30日(金)からご利用いただけます。
※WebサイトおよびiPhoneアプリのダウンロード・利用に関わる通信費はお客様の負担となります。


■Cropnet Facebookページ
 Cropnetの情報をFacebookページで提供しています。ぜひご覧ください。
 http://www.facebook.com/Cropnet
 [商標等について]本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。Cropnet(商標出願中)はCACの家庭菜園特化型SNSのブランド名です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  2. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  3. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  7. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  8. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  9. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  3. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る