家庭菜園やベランダ菜園を応援する特化型ソーシャルネットワーキングサービスをオープン、スマホから栽培日記を簡単に記録可能(シーエーシー)

株式会社シーエーシーでは、家庭菜園やベランダ菜園のある生活を楽しむ人々を応援する特化型ソーシャルネットワーキングサービス「Cropnet」(クロップネット)を2012年3月30日にオープンする。Cropnetは、安心・安全はもちろん、美味しい野菜を食べたいという消費者の想いに応えるとともに、野菜作りを通した彩り豊かなライフスタイルを提案するSNSである。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。


家庭菜園を耕してる人専用のSNS「Cropnet」
「ベランダからハタケまで」をキャッチフレーズに、種まきの、そして5月には夏野菜の苗を植える季節を迎えるにふさわしい時期を選んでサービスを開始します。家庭菜園ユーザーに対して、これまで以上に家庭菜園やベランダ菜園を楽しめるサービスを提供し、家庭菜園をはじめとする野菜に関わる市場の活性化への貢献も目指します。4年後には100万人の会員獲得を目標としています。


cropnetは、提供するサービスを通じて、人と人、人と地域がつながり、野菜を通じた絆を広げていきたいという想いをもって推進してまいります。※Cropnetでは家庭菜園やベランダ菜園を粋に楽しむ人をクロッパーと呼んでいます。


■サービス概要
1)栽培日記の記録/検索サービス
・写真とコメントによる栽培の記録
・栽培品種や地域による栽培日記の検索
・栽培スケジュールの管理、アラート機能

2)フィード閲覧サービス
・フォローした相手の栽培日記等のフィード閲覧

3)Facebook、Twitterへの連携サービス
・Cropnetへの投稿と同時にFacebook、Twitterへも同報可能
・Facebookアカウントでログイン可能


■特徴
○スマートフォンから栽培日記をカンタン記録
 栽培日記は野菜(品種)の単位で作ります。種まきから収穫までの写真を一覧で見られるので、成長過程の小さな変化に気付け、収穫の感動を記録することができます。

○栽培方法を「品種」「地域」で探せる・聞ける
 自分に近い環境や同じ品種を栽培している仲間を探して、野菜の病気の対処方法など困ったことを質問できます。

○仲間とつながる
 同じ野菜を育てている人、市民農園仲間、スマートな育て方をしている人など気になったあの人をフォローして、みんなで喜びをシェアして、楽しさが倍増します。

○栽培スケジュールをコピー
 栽培上手な仲間のスケジュールを1クリックで自分のスケジュールにコピーできるので、成功確率を高めることができます。

○栽培スケジュールのアラート通知
 栽培スケジュールに登録した内容は、前日になったらメールでお知らせします。これで、追肥や摘芯を忘れるということもなくなります。

○「おすすめユーザー」「おすすめノート」
 仲間から「いいね」が集まると、自分と同じ地域のユーザーに評価が高いユーザーとして栽培日記が紹介されます。

○Facebook、Twitterへの同時投稿
 Cropnetへの記録(投稿)をFacebookやTwitterにも同時に投稿できるので、Cropnetユーザー以外の仲間とも簡単にコミュニケーションできます。また、Facebookアカウントで登録することができ、簡単にログインできます。


■利用方法
・Webサイト:http://cropnet.jp (PC、スマートフォンのWebブラウザから無料で利用可能)
・iPhoneアプリ:iPhone、iPad (App Storeから無料でダウンロード可能)

※3月30日(金)からご利用いただけます。
※WebサイトおよびiPhoneアプリのダウンロード・利用に関わる通信費はお客様の負担となります。


■Cropnet Facebookページ
 Cropnetの情報をFacebookページで提供しています。ぜひご覧ください。
 http://www.facebook.com/Cropnet
 [商標等について]本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。Cropnet(商標出願中)はCACの家庭菜園特化型SNSのブランド名です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  2. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
ページ上部へ戻る