丸紅が販売する生菌剤を利用したコーヒーかすの飼料化技術を開発(名和産業、帯広畜産大)/国内でもコーヒーの残渣は年間約10万トン発生

以前、コーヒーかすを利用したキノコ栽培に取り組むカリフォルニアのベンチャー企業「BTTR Ventures」をご紹介したが、関連するニュースとして、丸紅、名和産業、帯広畜産大学(高橋潤一研究室)の三者が、産学共同でコーヒーかすの飼料化に成功した。以下、プレスリリースを掲載しておく。

丸紅、名和産業などと共同でコーヒーかすの飼料化技術を開発/平成24年3月12日

丸紅、名和産業、帯広畜産大学 高橋潤一研究室(以下「帯畜大」)の三者は今般、産学共同でコーヒーかすの飼料化に成功しました。今回開発した技術は、丸紅が独占販売権を持つ生菌剤を用いて名和産業がコーヒーかすへの応用を検討し、帯畜大にて実証実験を行ったものです。この技術を用いることで、コーヒーかすのリサイクル飼料としての利用が可能となります。


現在、焙煎されたコーヒーの残渣(コーヒーかす)は全国で年間10万トン程度発生していると言われています。しかし嗜好性と消化率が極めて低く、数ある食品残渣の中でも飼料としての再利用が非常に困難であり、その殆どが堆肥処理されています。


コーヒーかすの特徴は「高水分」と「家畜が嫌がる風味」です。高水分の飼料は腐敗が早く保存がききません。その為、コーヒーかすをはじめ食品残渣を飼料化するためには、脱水もしくは乾燥処理で水分調整をする必要があります。また、コーヒーかすの中にはカフェインも含まれており、カフェインは家畜にとって嗜好性が悪いとされています。


今回開発した技術では、高水分でも保存性が高く、家畜が嫌う風味を除去し、コーヒーかす繊維質の消化率を飛躍的に向上させ、飼料としての栄養価が増加することが確認出来ました。更に残渣中のカフェインの含有量も約55%まで削減出来たことで、リサイクル飼料としての利用が可能となりました。また、羊に対する飼養試験では、タンパク質の利用効率の増加の可能性も出てきています。


名和産業は今回の技術開発に関し応用特許を申請しました。今後は三者で更に連携を深め、飲料メーカーからのコーヒーかす引き取りを推進し、リサイクル飼料を全国の畜産農家に販売していくことで、食品残渣の有効活用と日本の飼料自給率向上に寄与していく考えです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  3. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  4. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  5. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  6. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  9. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  10. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  2. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る