村田製作所や東北大が被災地で先端農業、職住分離を支援 、中小農家の業務効率を高めるためクラウド使い農地を遠隔監視

 村田製作所や仙台市のIT(情報技術)企業など約10団体と東北大学は、被災地でクラウドコンピューティングを活用した先端農業に乗り出す。塩分や放射線量、土壌温度を測るセンサーを使い農地の測定情報をネット経由でどこからでも閲覧できるようにする。復興計画で多くの地域で職住分離が進むなか、遠隔地から農地を管理できる環境を整えて中小農家の業務効率を高める。


ネット上でソフトやシステムなどを利用するクラウドの仕組みを活用する。東北大大学院の農学研究科と工学研究科が企画し、村田製作所が測定に使うセンサーを開発する。情報管理用のソフト開発は仙台の若手IT技術者団体である「みやぎモバイルビジネス研究会」などが担当する。


4月から津波で浸水した宮城県沿岸の農地でまず塩分濃度の測定を開始する。事業継続に意欲のある農家などにセンサーを配り、接続したスマートフォン(高機能携帯電話)から計測値を即座にネット上に飛ばして蓄積。農地ごとの細かいデータの履歴をネット上で共有する。

来年度中をめどにセンサーを活用した露地栽培の実験も始める。積算日照や温度、湿度など圃場の情報をネット上に集め、出荷調整や肥料管理に生かす。当面は無料で提供するが、育成ノウハウを蓄積して最終的には農家の経営支援に使える簡易システムとして販売を目指す。

 

一連の実証実験を始めるため、東北大大学院農学研究科の中井裕教授を会長とする「東北スマートアグリカルチャー研究会」を月内に設立する。復興を政策や財源で後押しする宮城県や仙台市とも連携する。

農業関連企業アグリフューチャーで試験導入したセンサー機器(宮城県大崎市)

農業関連企業アグリフューチャーで試験導入したセンサー機器(宮城県大崎市)


被災地では農業を復興に向けた新産業のひとつにしようとする自治体が多い。ただ、大手企業が構想を練る植物工場などは多額の投資が必要で、中小農家が参加しづらい点が指摘されている。

小規模農家が露地栽培で使える安価なクラウドシステムを開発する」(東北大大学院工学研究科の菊池務特任教授)ことで、復興の広がりを後押しする。特に震災前に比べて自宅と農地が離れてしまった農家向けのニーズを掘り起こしたい考えだ。(参考 日本経済新聞)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  2. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  3. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  9. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  3. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  4. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
ページ上部へ戻る