生花卸・車部品・総菜店など首都圏農業に企業が進出/TPPへの参加もにらみ、大規模化や輸出を視野に入れる企業も登場

大消費地に近いというメリットを生かして、首都圏で農業に参入する企業が増えている。2009年の農地法改正で農地を利用しやすくなったことを契機に、大手だけでなく中小企業の進出も目立ってきた。鮮度が落ちるのが早いキャベツや白菜などの葉物や果実を中心に迅速な提供を目指す。環太平洋経済連携協定(TPP)への参加もにらみ、大規模化や輸出を視野に入れる企業も登場している。


■輸出も狙う
 成田空港に近い千葉県成田市の約2ヘクタールの農場には一面にブルーベリーの若木が植えてある。生花輸入卸のワールド・アグリ(成田市)が昨年から耕作を始めた。

今夏にも地元のホテルや飲食店向けに生食用として販売を始める。市場は輸入品が中心だが「大規模化してコストを下げれば十分戦える」(趙盛民社長)。栽培地に成田を選んだのも、休耕地が多く農場拡大が可能と考えたから。将来的には栽培面積を20ヘクタールまで広げる計画だ。趙社長は「TPPに参加すれば成田空港を活用した輸出も狙える」と意気盛んだ。


農地法改正以降、1都3県で農業を始めたのは11年12月現在で51法人と改正前より28法人増えた。埼玉が26で最も多く、神奈川が14、千葉11と続く。東京は「採算に合う大規模農地が少ない」(都農林水産部)ことからゼロだが、都内に本社を置く企業が首都圏で参入するケースは多い。


障害者就労支援のECA(東京・新宿)は10年、千葉県流山市で約1.5ヘクタールの農地を借りて野菜などの生産を始めた。栽培するのは約70種類の野菜で、農場から約1時間の新宿区で販売する。野菜などは輸送コストがかさむ。小野内裕治社長は「販売拠点と農場が近いことでコストが抑えられる」と話す。「夏場の鮮度維持にも輸送距離が重要」と首都圏で生産する利点を強調する。

ECAは千葉県流山市の農場でカブやニンジンなどを生産している


大手ではイオンが農業子会社を通じて千葉と埼玉でキャベツや白菜などを生産する。「店舗が集積する首都圏への供給のしやすさなどから立地を選んだ」(同社)。セブン&アイ・ホールディングスも千葉、神奈川、埼玉に拠点を持つ。


■直売所設ける
 小売りなどと違い全くの異業種からの参入も増える。トラックなど大型車用部品を扱うヨコハマテクノス(横浜市)は11年2月、神奈川県綾瀬市でトマトやナスなどの栽培を始めた。昨年11月には農地を2.6ヘクタールと当初の4倍強に広げた。同社は「大型車部品と違って農業は景気に左右されにくい」と判断して参入を決めた。自社栽培品の直売所も設けることで地元での知名度を上げ、本業の部品販売などにもつなげたい考えだ。


消費者の安全・安心志向への対応も参入の大きな理由。百貨店などで総菜店を展開する薬糧開発(東京・港)は2月、埼玉県鳩山町での参入を決めた。3ヘクタールの農地で自社の総菜に使うトマトやレタスなど30品種の野菜を栽培し、食材の履歴を明確にする。


一方で、課題も浮き彫りになってきた。農業参入を支援する日本政策金融公庫は、参入する農地は耕作放棄地など条件が悪く、生産が軌道に乗るまでに時間がかかることが多いと指摘。農業技術が未熟なケースもあり、事業を成功させるのは簡単ではないという。(参考 2012/3/3日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  3. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  4. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  5. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  6. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  7. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  8. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  9. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  10. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る