業務用食品卸のニッカネ・栃木野菜、飲食店などへの直送に参入/一括調達可能な市場ルートと個別農家からの直送ルート確保・新たな取引先を開拓

 業務用食品卸のニッカネ(宇都宮市、金田秀寿社長)は栃木県内の若手農家らでつくる農業組織「農援団」(亀田泰志団長)と連携し、地場産の野菜を飲食店などに直送するサービスを始めた。農家との直接契約で必要な配送や発注の手間を省き、生産者の顔が見える新鮮な食材を少量でも確保できる。一括調達ができる市場ルートと個別農家からの直送ルートの双方の利点を取り入れ、新たな取引先を開拓する。


農援団は栃木県内で農産物の販路開拓に取り組む農業組織。農家を中心に約50人で結成、高齢化や後継者不足などに悩む農家の構造問題を変革しようと昨年組織された。


サービスは農援団メンバーが県内各地で栽培したトマトやアスパラガスなどのこだわり野菜数十種をニッカネが集め、自社物流網を活用して取引先店舗まで低温管理で配送する。野菜の収穫当日か翌日には手元に届く。少量で多くの品種が必要な飲食店や野菜販売店などの利用を想定する。


取引先には農業者自身も訪問。天候などで変わるその時々の農産物の出来や栽培時のこだわり、メニューに合う野菜の新品種といった情報も提供する。要望に応じて手に入りにくい香草なども手掛ける。発注は電話・ファクスやインターネット経由の「ニッカネオンライン」で受け付ける。


一方、農家と消費者が直接契約する場合、農家1軒だけでは消費者が必要とする野菜がすべてそろわないケースが多い。複数の農家と契約する場合には、発注・精算や宅配の手続きがそれぞれ必要で、手間がかかる。このためニッカネと農援団は双方の課題を補う流通ルートを新たに構築し、個人経営店などが品質のよい野菜を確保しやすいようにする。


まずは、東北自動車道佐野サービスエリアの農産物直売コーナーや宇都宮市中心部の居酒屋、日光市のレストランでの利用が始まった。新たなサービスに歩調を合わせ、小回りよく配送する軽トラックの「軽美隊(けいびたい)」も導入。専任女性ドライバー2人を採用し、2月中旬から配送を始めた。得意とする工場・事業所や病院・介護施設向けに加え、少量多品種や高付加価値を求める中小飲食店などの声も取り込む。


農援団との連携は生産農家の販路開拓を支援する県の「マルシェ栃木」がきっかけ。ニッカネも東日本大震災の影響はあったが、昨秋には仙台市の営業拠点を移転・拡充し事業拡大に動く。2011年9月期の売上高は約67億円だが、今期は70億円超を目指す。(参考:日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る