業務用食品卸のニッカネ・栃木野菜、飲食店などへの直送に参入/一括調達可能な市場ルートと個別農家からの直送ルート確保・新たな取引先を開拓

 業務用食品卸のニッカネ(宇都宮市、金田秀寿社長)は栃木県内の若手農家らでつくる農業組織「農援団」(亀田泰志団長)と連携し、地場産の野菜を飲食店などに直送するサービスを始めた。農家との直接契約で必要な配送や発注の手間を省き、生産者の顔が見える新鮮な食材を少量でも確保できる。一括調達ができる市場ルートと個別農家からの直送ルートの双方の利点を取り入れ、新たな取引先を開拓する。


農援団は栃木県内で農産物の販路開拓に取り組む農業組織。農家を中心に約50人で結成、高齢化や後継者不足などに悩む農家の構造問題を変革しようと昨年組織された。


サービスは農援団メンバーが県内各地で栽培したトマトやアスパラガスなどのこだわり野菜数十種をニッカネが集め、自社物流網を活用して取引先店舗まで低温管理で配送する。野菜の収穫当日か翌日には手元に届く。少量で多くの品種が必要な飲食店や野菜販売店などの利用を想定する。


取引先には農業者自身も訪問。天候などで変わるその時々の農産物の出来や栽培時のこだわり、メニューに合う野菜の新品種といった情報も提供する。要望に応じて手に入りにくい香草なども手掛ける。発注は電話・ファクスやインターネット経由の「ニッカネオンライン」で受け付ける。


一方、農家と消費者が直接契約する場合、農家1軒だけでは消費者が必要とする野菜がすべてそろわないケースが多い。複数の農家と契約する場合には、発注・精算や宅配の手続きがそれぞれ必要で、手間がかかる。このためニッカネと農援団は双方の課題を補う流通ルートを新たに構築し、個人経営店などが品質のよい野菜を確保しやすいようにする。


まずは、東北自動車道佐野サービスエリアの農産物直売コーナーや宇都宮市中心部の居酒屋、日光市のレストランでの利用が始まった。新たなサービスに歩調を合わせ、小回りよく配送する軽トラックの「軽美隊(けいびたい)」も導入。専任女性ドライバー2人を採用し、2月中旬から配送を始めた。得意とする工場・事業所や病院・介護施設向けに加え、少量多品種や高付加価値を求める中小飲食店などの声も取り込む。


農援団との連携は生産農家の販路開拓を支援する県の「マルシェ栃木」がきっかけ。ニッカネも東日本大震災の影響はあったが、昨秋には仙台市の営業拠点を移転・拡充し事業拡大に動く。2011年9月期の売上高は約67億円だが、今期は70億円超を目指す。(参考:日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  2. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  3. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  4. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る