山形県の有機エレクトロニクス事業化推進センター、蛍光灯やLEDより優位性を発揮できる有機EL照明の用途開発に着手。植物工場への応用も検討

山形県内の有機エレクトロニクス関連企業の商品化開発支援のため10年7月に米沢市に開設された「産官学連携有機エレクトロニクス事業化推進センターは、山形大工学部の城戸淳二卓越研究教授が所長を務めた「有機エレクトロニクス研究所」の閉鎖後、引き継ぐ形で開設。前身の研究機関が生んだ研究成果を企業に還元する役割を担い、10、11年度とも2億円超の県予算が充てられた。
 
 
しかし、開設前から有機EL照明パネル製作用の大型装置「エルベス」が正常に稼働しなくなっていた。山形大側は引き継ぎの際に「動かし続けないと不具合が生じる」と伝えていたが、県は研究所の7年間の事業を終了。装置に携わってきた研究者ら15人全員が山形大や企業などに戻り、操作できる人が3カ月以上不在になった影響だった。その後、山形大から非常勤職員が入るなどして大型装置を再立ち上げした。
 
 
複数の県内企業や山形大によると、装置は一定期間の稼働を経て性能が上がるため、いったん止めると、正常に動くまでに1年ほどかかるという。実際にエルベスが正常に動き始めたのは開設から1年以上たった昨秋ごろだった。その後、県内企業がセンターに依頼して試作品用のパネル提供を受けた。今年度は県内5社がセンターを利用したという。
 
 
センターの当摩照夫エグゼクティブゼネラルマネジャーは「引き継ぎを受けなかったので再立ち上げに苦労した。装置維持に年1億円もかかるなど、いろいろ非効率な面があるが、来年度は一つでも新しい用途開発をものにしたい」と話す。県は昨秋、センターに、蛍光灯やLED(発光ダイオード)などより優位性を発揮できる有機EL照明の使い道を発掘するように依頼。県内7社のグループが検査用光源の商品開発にセンターと取り組む。また来年度には、植物工場やスタジオ照明などに有機EL照明の活用を検討する。
 
 
県商工観光部の広瀬渉部長は「センターは3年めどの事業。来年度半ばには、県内企業への成果移転ができているかなどを検証して、今後のことを決める」と話す。一方で、山形大工学部は、県内外企業と有機エレクトロニクスの実用化研究を行う有機エレクトロニクスイノベーションセンターを13年4月に開設する予定。広瀬部長は「イノベーションセンターに、推進センターの装置や人を移して、山形大の実用化研究と融合させるのが基本方針だ」と述べる。県や山形大が、センターの一体化でどう効率的に企業の支援ができるかが課題となる。<参考:毎日新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  3. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  4. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  5. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  6. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  7. 日栄インテックG、コンテナ型植物工場「スーパーアグリプラント」の販売を開始
     日栄インテックグループは、配管支持金具・太陽光架台メーカーとして豊富な実績と、多年にわたる野菜栽培…
  8. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  9. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  10. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  2. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る