住友化学・三重県志摩市でミツバを栽培する全額出資の農業法人住化ファーム三重を設立。耕作放棄地の活用、新規就農支援といった地域貢献につなげる

 住友化学は1月23日、三重県志摩市でミツバを栽培する全額出資の農業法人「住化ファーム三重」を設立したと発表した。志摩市内に約2.5ヘクタールの土地を借り、業務提携した現地のミツバ生産会社、三重リーフ(志摩市)が持つ水耕ミツバの生産技術をもとに栽培する。収穫物は住友化学の農作物販売子会社、日本エコアグロ(東京都中央区)を通じて販売し、年2億円の売り上げを見込む。


資本金は1億2000万円、住友化学の貫和之アグロ事業部長が社長に就いた。strong>住友化学の肥料、農薬製品と三重リーフの農業技術をもとに、ミツバ以外の生産も計画。耕作放棄地の活用、新規就農支援といった地域貢献につなげる。

以下がプレスリリース文である

2012年1月23日
「住化ファーム三重」の設立について

住友化学は、全額出資で「株式会社住化ファーム三重」(以下、「住化ファーム三重」)を設立し、このほど営業を開始いたしました。新会社は、住友化学グループの肥料、農薬などの農業関連製品を用いて、三重県志摩市磯部町の農場でみつばの栽培を行います。生産された農産物は、当社グループの農産物販売会社である日本エコアグロ株式会社(以下、「日本エコアグロ」)を通じて販売いたします。


住友化学グループは、幅広い農業関連製品やサービスを取り扱っており、安全安心で効率的な農業生産を総合的に支援する「トータル・ソリューション・プロバイダー」ビジネスを展開しています。

そのビジネスを実践する一つの形として、2009 年 5 月にイチゴ栽培を行う農業法人「株式会社住化ファーム長野」を設立して農業に参入し、トマト栽培を行う農業法人として、2009 年 12 月に「株式会社住化ファームおおいた」、2011 年 9 月に「株式会社住化ファーム山形」を設立し、これらの法人で栽培指導や農場経営に関するノウハウを蓄積してきました。

また、2011 年 8 月に経団連未来都市プロジェクトの一環として愛媛県西条市に設立した「株式会社サンライズファーム西条」では、レタス栽培に関する先進的な農業技術の実証実験に取り組むこととしています。


このたび、当社グループが5番目の農業法人として設立した「住化ファーム三重」は、「有限会社三重リーフ」(以下、「三重リーフ」)との業務提携を通じて、収益性向上と生産拡大が期待できる農作物の企画・生産を行い、産地育成や新規就農支援による地域貢献を目指しています。

まずは「三重リーフ」が先駆的に蓄積してきた、水耕みつばの安定生産、生産拡大を可能とする栽培技術、経営ノウハウをもとにみつばを栽培し、「日本エコアグロ」も協力してその安定販売を実現してまいります。また、これらの取り組みを地域の生産者や生産団体、自治体等の関係各方面と協力して行うことにより、地域農業の活性化に貢献していく考えです。


<新会社の概要>
1. 社名 株式会社住化ファーム三重
2. 設立日 2011 年 11 月 21 日
3. 本社所在地 三重県志摩市磯部町迫間1619 番地 1
4. 資本金 1 億 2 千万円
5. 出資比率 住友化学 100%
6. 社長 貫 和之(住友化学 アグロ事業部長)
7. 借地面積 約 2.5ha
8. 栽培作物 みつば
9. 栽培開始 2012 年 1 月


<「三重リーフ」の概要>
1. 社名 有限会社三重リーフ
2. 設立日 1994 年 3 月
3. 本社所在地 三重県志摩市磯部町栗木広41 番地
4. 資本金 4 百万円
5. 代表者 羽根 泰郎
6. 事業 野菜類・穀類の生産販売、種・苗の生産販売 他
7. 売上高 216 百万円(平成 23 年 6 月期)
8. 従業員数 30 名
9. みつば栽培開始 1971 年 6 月
以上


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  4. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  9. 日栄インテックG、コンテナ型植物工場「スーパーアグリプラント」の販売を開始
     日栄インテックグループは、配管支持金具・太陽光架台メーカーとして豊富な実績と、多年にわたる野菜栽培…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  2. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  3. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る