住友化学・三重県志摩市でミツバを栽培する全額出資の農業法人住化ファーム三重を設立。耕作放棄地の活用、新規就農支援といった地域貢献につなげる

 住友化学は1月23日、三重県志摩市でミツバを栽培する全額出資の農業法人「住化ファーム三重」を設立したと発表した。志摩市内に約2.5ヘクタールの土地を借り、業務提携した現地のミツバ生産会社、三重リーフ(志摩市)が持つ水耕ミツバの生産技術をもとに栽培する。収穫物は住友化学の農作物販売子会社、日本エコアグロ(東京都中央区)を通じて販売し、年2億円の売り上げを見込む。


資本金は1億2000万円、住友化学の貫和之アグロ事業部長が社長に就いた。strong>住友化学の肥料、農薬製品と三重リーフの農業技術をもとに、ミツバ以外の生産も計画。耕作放棄地の活用、新規就農支援といった地域貢献につなげる。

以下がプレスリリース文である

2012年1月23日
「住化ファーム三重」の設立について

住友化学は、全額出資で「株式会社住化ファーム三重」(以下、「住化ファーム三重」)を設立し、このほど営業を開始いたしました。新会社は、住友化学グループの肥料、農薬などの農業関連製品を用いて、三重県志摩市磯部町の農場でみつばの栽培を行います。生産された農産物は、当社グループの農産物販売会社である日本エコアグロ株式会社(以下、「日本エコアグロ」)を通じて販売いたします。


住友化学グループは、幅広い農業関連製品やサービスを取り扱っており、安全安心で効率的な農業生産を総合的に支援する「トータル・ソリューション・プロバイダー」ビジネスを展開しています。

そのビジネスを実践する一つの形として、2009 年 5 月にイチゴ栽培を行う農業法人「株式会社住化ファーム長野」を設立して農業に参入し、トマト栽培を行う農業法人として、2009 年 12 月に「株式会社住化ファームおおいた」、2011 年 9 月に「株式会社住化ファーム山形」を設立し、これらの法人で栽培指導や農場経営に関するノウハウを蓄積してきました。

また、2011 年 8 月に経団連未来都市プロジェクトの一環として愛媛県西条市に設立した「株式会社サンライズファーム西条」では、レタス栽培に関する先進的な農業技術の実証実験に取り組むこととしています。


このたび、当社グループが5番目の農業法人として設立した「住化ファーム三重」は、「有限会社三重リーフ」(以下、「三重リーフ」)との業務提携を通じて、収益性向上と生産拡大が期待できる農作物の企画・生産を行い、産地育成や新規就農支援による地域貢献を目指しています。

まずは「三重リーフ」が先駆的に蓄積してきた、水耕みつばの安定生産、生産拡大を可能とする栽培技術、経営ノウハウをもとにみつばを栽培し、「日本エコアグロ」も協力してその安定販売を実現してまいります。また、これらの取り組みを地域の生産者や生産団体、自治体等の関係各方面と協力して行うことにより、地域農業の活性化に貢献していく考えです。


<新会社の概要>
1. 社名 株式会社住化ファーム三重
2. 設立日 2011 年 11 月 21 日
3. 本社所在地 三重県志摩市磯部町迫間1619 番地 1
4. 資本金 1 億 2 千万円
5. 出資比率 住友化学 100%
6. 社長 貫 和之(住友化学 アグロ事業部長)
7. 借地面積 約 2.5ha
8. 栽培作物 みつば
9. 栽培開始 2012 年 1 月


<「三重リーフ」の概要>
1. 社名 有限会社三重リーフ
2. 設立日 1994 年 3 月
3. 本社所在地 三重県志摩市磯部町栗木広41 番地
4. 資本金 4 百万円
5. 代表者 羽根 泰郎
6. 事業 野菜類・穀類の生産販売、種・苗の生産販売 他
7. 売上高 216 百万円(平成 23 年 6 月期)
8. 従業員数 30 名
9. みつば栽培開始 1971 年 6 月
以上


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  4. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  5. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  9. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  10. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  3. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る