住友化学・三重県志摩市でミツバを栽培する全額出資の農業法人住化ファーム三重を設立。耕作放棄地の活用、新規就農支援といった地域貢献につなげる

 住友化学は1月23日、三重県志摩市でミツバを栽培する全額出資の農業法人「住化ファーム三重」を設立したと発表した。志摩市内に約2.5ヘクタールの土地を借り、業務提携した現地のミツバ生産会社、三重リーフ(志摩市)が持つ水耕ミツバの生産技術をもとに栽培する。収穫物は住友化学の農作物販売子会社、日本エコアグロ(東京都中央区)を通じて販売し、年2億円の売り上げを見込む。


資本金は1億2000万円、住友化学の貫和之アグロ事業部長が社長に就いた。strong>住友化学の肥料、農薬製品と三重リーフの農業技術をもとに、ミツバ以外の生産も計画。耕作放棄地の活用、新規就農支援といった地域貢献につなげる。

以下がプレスリリース文である

2012年1月23日
「住化ファーム三重」の設立について

住友化学は、全額出資で「株式会社住化ファーム三重」(以下、「住化ファーム三重」)を設立し、このほど営業を開始いたしました。新会社は、住友化学グループの肥料、農薬などの農業関連製品を用いて、三重県志摩市磯部町の農場でみつばの栽培を行います。生産された農産物は、当社グループの農産物販売会社である日本エコアグロ株式会社(以下、「日本エコアグロ」)を通じて販売いたします。


住友化学グループは、幅広い農業関連製品やサービスを取り扱っており、安全安心で効率的な農業生産を総合的に支援する「トータル・ソリューション・プロバイダー」ビジネスを展開しています。

そのビジネスを実践する一つの形として、2009 年 5 月にイチゴ栽培を行う農業法人「株式会社住化ファーム長野」を設立して農業に参入し、トマト栽培を行う農業法人として、2009 年 12 月に「株式会社住化ファームおおいた」、2011 年 9 月に「株式会社住化ファーム山形」を設立し、これらの法人で栽培指導や農場経営に関するノウハウを蓄積してきました。

また、2011 年 8 月に経団連未来都市プロジェクトの一環として愛媛県西条市に設立した「株式会社サンライズファーム西条」では、レタス栽培に関する先進的な農業技術の実証実験に取り組むこととしています。


このたび、当社グループが5番目の農業法人として設立した「住化ファーム三重」は、「有限会社三重リーフ」(以下、「三重リーフ」)との業務提携を通じて、収益性向上と生産拡大が期待できる農作物の企画・生産を行い、産地育成や新規就農支援による地域貢献を目指しています。

まずは「三重リーフ」が先駆的に蓄積してきた、水耕みつばの安定生産、生産拡大を可能とする栽培技術、経営ノウハウをもとにみつばを栽培し、「日本エコアグロ」も協力してその安定販売を実現してまいります。また、これらの取り組みを地域の生産者や生産団体、自治体等の関係各方面と協力して行うことにより、地域農業の活性化に貢献していく考えです。


<新会社の概要>
1. 社名 株式会社住化ファーム三重
2. 設立日 2011 年 11 月 21 日
3. 本社所在地 三重県志摩市磯部町迫間1619 番地 1
4. 資本金 1 億 2 千万円
5. 出資比率 住友化学 100%
6. 社長 貫 和之(住友化学 アグロ事業部長)
7. 借地面積 約 2.5ha
8. 栽培作物 みつば
9. 栽培開始 2012 年 1 月


<「三重リーフ」の概要>
1. 社名 有限会社三重リーフ
2. 設立日 1994 年 3 月
3. 本社所在地 三重県志摩市磯部町栗木広41 番地
4. 資本金 4 百万円
5. 代表者 羽根 泰郎
6. 事業 野菜類・穀類の生産販売、種・苗の生産販売 他
7. 売上高 216 百万円(平成 23 年 6 月期)
8. 従業員数 30 名
9. みつば栽培開始 1971 年 6 月
以上


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  4. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  9. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る