3番目の柱となる新事業構築のためファームセラピーを開始。屋上緑化や室内水耕栽培による市民農園サービスも展開(ジャスナ)

株式会社ジャスナは2012年4月から「ファームセラピー事業」として大阪市内と富田林市内に市民農園を開設する。同社は、1966年に日本で最初の大口郵便物区分発送代行業「大阪発送」として創業。69年からは、専門知識を持つ郵便局OBを商社や銀行の郵便・通信業務部門に派遣する人材派遣ビジネスもスタートした。
 
 
「2本柱」で事業を続けてきたが「郵便の仕事は、1日の中でも月ごとでも、繁閑の差が大きかった」と谷川社長。インターネットの普及で郵便物の物流量も減少傾向にある中、3本目の柱となる新事業の構想を練り、現代社会で増加している精神疾患対策として注目されている「ファームセラピー」を事業化した。
 
 
同社が開設した「ジャスナ農園」は全部で3タイプある。大阪市北区の同社本社には、土耕式の都市型屋上農園を整備した。JR大阪駅から車で5分と立地も良く、農具も用意してあるので休日だけでなく平日の仕事帰りにも手軽に手ぶらで農業を楽しめる。
 
 
社屋内にも水耕栽培棚を用いた農園を整備している。水耕栽培で育つ野菜は土の2〜3倍の速さで育ち、レタスなどの葉もの野菜は1カ月半程度で収穫できる。病害虫の発生もなく、虫が苦手な人にも適している。
 
 
富田林市内には、本格的な農業に挑戦できる郊外型農園を用意。背後に金剛山地がそびえる自然豊かな環境で畑仕事ができ、心身ともにリフレッシュしたい人や家族との触れ合いにぴったりだ。
 
 
いずれも専門スタッフが常駐して管理。野菜作りセミナーの開催もあり、サポート体制も充実している。1月から始めたお試し期間で農作業を体験した人の中には、自家製バジル栽培に興味を持ったレストラン経営者や、収穫した野菜を食べるようになった野菜嫌いの子どももいて、安心・安全な食材の提供や食育推進の一助となっている。
 
 
谷川社長は「農業に興味を持つ人たちのジョイントになれば。まずは、ジャスナ農園のファンをつくり、プラスアルファを楽しめる場所にしたい」と農園でのコンサートや収穫した野菜を使った料理教室の開催も検討している。農園は現在予約を受け付け中。屋上農園は1区画約3平方メートル。水耕栽培は1ベッド:横120センチ、縦70センチ。富田林の農園は1区画25平方メートル。利用料金は1区画、1ベッドともに月9800円(税別)となっている。<参考:大阪日日新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  4. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  5. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  6. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  7. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  8. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  9. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  10. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  2. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  3. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  4. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
ページ上部へ戻る