クラウド技術を利用した農作業管理システムの無料試用モニター開始。今後の機能強化・サービス改善につなげる<Agri-sh(アグリッシュ)>

Agri-sh(アグリッシュ)では、クラウド技術を利用した農作業管理システム「farmer -クラウド農業日誌システム-」の無料試用(モニター)を開始し、一般の農家・生産者の意見を取り入れながら今後、さらなる機能強化クラウドで実現していく、という。以下、同社のプレスリリースを一部、掲載しておく。

クラウド技術を利用した農作業管理システム『farmer – クラウド農業日誌システム -』の無料試用(モニター)を開始〜クラウドで実現する、新しい農業のスタンダード〜

機能詳細
■圃場からのリアルタイム入力
クラウド技術の特性を生かし、圃場からのリアルタイムでの情報入力、閲覧が可能となります。PCはもちらん、スマートフォンやタブレット端末を利用し日々の農作業情報をリアルタイムで記録することにより、情報の鮮度を保ち素早い対応が可能となります。
 
■各種情報の一元管理
圃場情報や使用農薬、肥料、農作業内容などを1つのシステムで一元管理することにより、システム間の移動なくスムーズに情報連携が可能となります。
※農薬情報は、農林水産消費安全技術センターの農薬DBから情報取得予定
 
■保持情報によるグラフ作成
システムで保持している各種情報のグラフ作成が可能となります。例えば、降雨量に対する作物の成長曲線などのグラフが作成可能です。それにより、温度や降水量などによる成長具合や収量の関連性を視覚的にまとめることにより、今まで感覚で行っていた作業に新たな気づきを与え、更なるステップアップの助けとなるでしょう。
※5月までに実装予定
 
■作業者別の作業内容管理
農作業者毎に作業内容を管理することにより、作業者でバラバラだった作業粒度の均一化と、作業の進捗具合を一括管理できます。また、将来的には本日行う作業を全員で共有するなどのタスク管理機能やタイムカード機能も実装予定です。
※5月までに実装予定
 
■管理項目のカスタマイズ
管理したい項目は農家毎に違うものです。『farmer -クラウド農業日誌システム-』では管理項目を好きなようにカスタマイズ可能なため、クラウド型のパッケージソフトでありながらオーダーメイドようなシステム構築が可能です。
 
料金
無料試用(モニター)期間中は、全ての機能を無料で使用できます。
無料試用(モニター)期間終了後は月額利用料金制となる予定です。料金はまだ設定中ですが、月額1,000円〜1,500円になる予定です。
 
今後、将来的にはユーザー同士の情報共有、収量予測や一収量あたりのリアルタイム原価計算、出荷状況などなど、色々な機能を実装していく予定となっています。農業の新たな武器となり、いつかは農業のスタンダードとなるシステムを開発して参ります。<参考:同社プレスリリースより>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  3. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  5. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  9. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  10. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  2. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  4. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
ページ上部へ戻る