太陽集熱パネルにより重油・燃料費削減を目指す。ビニールハウス内でブドウを栽培する長野県須坂市の実験的な取り組み

長野県・須坂市がブドウを栽培する市内のビニールハウスに太陽熱プラントを設置し、ハウス内を暖める熱源にする試みに取り組んでいる。市工業課によると、ハウス栽培に再生可能エネルギーを活用する試みは全国初。技術的な課題は多いが、燃料費と二酸化炭素(CO2)を削減できる「エコ農業」の実現に期待が集まる。
 
 
プラントを設置したのは、地元の岡木由行さんの農園。同市はブドウのハウス栽培発祥の地とされる。ビニールハウス内は栽培に適温とされる18〜25度に保つ必要があり、厳冬期は大量の重油を消費する。栽培経費の6〜7割を占めるという。同農園では、ハウスの上部を2重のカーテンで覆うなど、保温性を高めるため工夫を重ねてきたが「努力には限界があった」と話す。原油高が進んで負担が重くなる一方、他地域との競争から価格への転嫁も難しく、コスト低減は喫緊の課題となっていた。
 
 
この問題を解決しようと、市やメーカー、岡木さんらブドウ農家が2010年1月に「グリーン農業研究会」を発足させた。全国の「植物工場」を視察するなどして重油に代わるエネルギー源の検討を重ね、再生可能エネルギーとして太陽熱の活用を決め、昨年11月に実証実験のためプラントを設置した。プラントは市内のメーカーが家庭用の集熱機を活用して製作した。太陽光発電パネルと外観はほぼ同じ。集熱パネル内の不凍液を太陽熱で温めて蓄熱槽にため、ファンを回してハウス内へ温風を送る仕組みだ。
 
 
岡木さんは「温風には十分な温度がある」と性能面に大きな問題はないとする。昨年11月に松本市内で開かれた「全国農業担い手サミット」の際に、全国各地の農家が視察に訪れるなど注目度も高い。ただ、須坂市の試算では、引き続き使っている重油の削減量が1日当たり6.7リットルにとどまり、削減効果は数%程度。「効率を少しでも上げるのが課題」(市工業課)で、今春まで続ける予定の実験で得られたデータを踏まえ、改良へつなげる考えだ。岡木さんは「燃料使用量をある程度減らせなければ、投資コストを回収できない」とした上で「燃料をなるべく使わないハウス栽培を実現するため、技術面をどこまで向上できるかが普及の鍵になる」と話した。<参考:中日新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  4. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  5. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  6. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  7. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  8. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  9. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る