太陽集熱パネルにより重油・燃料費削減を目指す。ビニールハウス内でブドウを栽培する長野県須坂市の実験的な取り組み

長野県・須坂市がブドウを栽培する市内のビニールハウスに太陽熱プラントを設置し、ハウス内を暖める熱源にする試みに取り組んでいる。市工業課によると、ハウス栽培に再生可能エネルギーを活用する試みは全国初。技術的な課題は多いが、燃料費と二酸化炭素(CO2)を削減できる「エコ農業」の実現に期待が集まる。
 
 
プラントを設置したのは、地元の岡木由行さんの農園。同市はブドウのハウス栽培発祥の地とされる。ビニールハウス内は栽培に適温とされる18〜25度に保つ必要があり、厳冬期は大量の重油を消費する。栽培経費の6〜7割を占めるという。同農園では、ハウスの上部を2重のカーテンで覆うなど、保温性を高めるため工夫を重ねてきたが「努力には限界があった」と話す。原油高が進んで負担が重くなる一方、他地域との競争から価格への転嫁も難しく、コスト低減は喫緊の課題となっていた。
 
 
この問題を解決しようと、市やメーカー、岡木さんらブドウ農家が2010年1月に「グリーン農業研究会」を発足させた。全国の「植物工場」を視察するなどして重油に代わるエネルギー源の検討を重ね、再生可能エネルギーとして太陽熱の活用を決め、昨年11月に実証実験のためプラントを設置した。プラントは市内のメーカーが家庭用の集熱機を活用して製作した。太陽光発電パネルと外観はほぼ同じ。集熱パネル内の不凍液を太陽熱で温めて蓄熱槽にため、ファンを回してハウス内へ温風を送る仕組みだ。
 
 
岡木さんは「温風には十分な温度がある」と性能面に大きな問題はないとする。昨年11月に松本市内で開かれた「全国農業担い手サミット」の際に、全国各地の農家が視察に訪れるなど注目度も高い。ただ、須坂市の試算では、引き続き使っている重油の削減量が1日当たり6.7リットルにとどまり、削減効果は数%程度。「効率を少しでも上げるのが課題」(市工業課)で、今春まで続ける予定の実験で得られたデータを踏まえ、改良へつなげる考えだ。岡木さんは「燃料使用量をある程度減らせなければ、投資コストを回収できない」とした上で「燃料をなるべく使わないハウス栽培を実現するため、技術面をどこまで向上できるかが普及の鍵になる」と話した。<参考:中日新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  2. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  3. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  4. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る