太陽集熱パネルにより重油・燃料費削減を目指す。ビニールハウス内でブドウを栽培する長野県須坂市の実験的な取り組み

太陽熱プラントを設置し、ハウス内を暖める熱源にする試みに取り組んでいる。市工業課によると、ハウス栽培に再生可能エネルギーを活用する試みは全国初。技術的な課題は多いが、燃料費と二酸化炭素(CO2)を削減できる「エコ農業」の実現に期待が集まる。     プラントを設置したのは、地元の岡木由行さんの農園。同市はブドウのハウス栽培発祥の地とされる。ビニールハウス内は栽培に適温とされる18〜25度に保つ必要があり、厳冬期は大量の重油を消費する。栽培経費の6〜7割を占めるという。同農園では、ハウスの上部を2重のカーテンで覆うなど、保温性を高めるため工夫を重ねてきたが「努力には限界があった」と話す。原油高が進んで負担が重くなる一方、他地域との競争から価格への転嫁も難しく、コスト低減は喫緊の課題となっていた。     この問題を解決しようと、市やメーカー、岡木さんらブドウ農家が2010年1月に「グリーン農業研究会」を発足させた。全国の「植物工場」を視察するなどして重油に代わるエネルギー源の検討を重ね、再生可能エネルギーとして太陽熱の活用を決め、昨年11月に実証実験のためプラントを設置した。プラントは市内のメーカーが家庭用の集熱機を活用して製作した。太陽光発電パネルと外観はほぼ同じ。集熱パネル内の不凍液を太陽熱で温めて蓄熱槽にため、ファンを回してハウス内へ温風を送る仕組みだ。     岡木さんは「温風には十分な温度がある」と性能面に大きな問題はないとする。昨年11月に松本市内で開かれた「全国農業担い手サミット」の際に、全国各地の農家が視察に訪れるなど注目度も高い。ただ、須坂市の試算では、引き続き使っている重油の削減量が1日当たり6.7リットルにとどまり、削減効果は数%程度。「効率を少しでも上げるのが課題」(市工業課)で、今春まで続ける予定の実験で得られたデータを踏まえ、改良へつなげる考えだ。岡木さんは「燃料使用量をある程度減らせなければ、投資コストを回収できない」とした上で「燃料をなるべく使わないハウス栽培を実現するため、技術面をどこまで向上できるかが普及の鍵になる」と話した。<参考:中日新聞より>    ]]>