高知県が軒高4メートルの環境制御型ハイテクハウスを運営・高知の気候に適合した低コスト、高収量システムの開発に取り組む

高知県はオランダ型農業をモデルにしたハウス農業システムの開発に乗り出した。軒が高いハウスを県農業技術センター(南国市)に導入。温湿度や二酸化炭素(CO2)を制御する技術で施設野菜の生産性を高める。オランダ型システムを高知の気候に合うように変え、低コスト・高収益の仕組みを構築した上で農家への普及を目指す
 
 
県は、軒高4メートルのオランダ型ハウスを農技センターに導入。建設済みの2棟に加え、2012年度は約4000万円を投じて4棟を増設する。温度や湿度、CO2の環境制御装置も設ける。第1弾として、今年秋からパプリカの実証栽培を本格的に開始。ハウス内のCO2濃度を外気の2.5倍に高め、光合成を促進させる。
 
 
軒が高いハウスによる栽培は、軒が低い通常のハウスで実施している摘心(新しい枝などの先を早い時期に摘む)栽培に比べ、植物にストレスを掛けず多くの収穫が期待できるという。パプリカは既存ハウスに比べ50%の収量増を目指す。
 
 
県によると台風が多い日本では軒の低いハウスが普及している。オランダの軒が高いハウスは軒高6〜8メートルが一般的だが、台風が多い高知県の気候条件を踏まえ、オランダよりやや低く頑丈な造りにしている。ナスやピーマンなども軒が高いハウスの栽培に適した品種育成に取り組む。CO2や温湿度制御技術を駆使し、30%増の収量を目指す。企業などで普及が進む閉鎖型の「植物工場」に比べ、初期投資を2分の1程度に抑えられるという。
 
 
オランダは野菜や花きなどを生産するハウス農業の世界的な先進国で、米国に次ぐ世界2位の農産物輸出国。CO2濃度など環境条件を人工的に制御する技術を駆使し、生産性の高い農業を実施している。高知県は09年にオランダ・ウェストラント市と友好園芸農業協定を締結。オランダ農業を参考に、ピーマンやナスの害虫駆除に天敵を用いる環境保全型農業に取り組んできた。今後、県は高収益なハウスシステムを構築することで農家の経営の安定と農業の振興を目指していく、という。<参考:日本経済新聞など>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  6. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  10. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  2. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  4. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
ページ上部へ戻る