農産物の国際規格グローバルGAP最新版の認証取得。国際競争力を高め、香港やアジア、欧州への輸出拡大をはかる(松本農園)

松本農園は1月11日、農産物の生産・安全管理に関する国際規格「グローバルGAP」で最も厳しい最新版の認証を取得したと発表した。認証機関テュフズードジャパン(東京)によると、個別農家の取得は国内で初。同農園は国際競争力を高め、東アジアを中心に輸出を増やす考え。     同農園は熊本県にある益城町、大津町、合志市の計50ヘクタールで野菜を栽培。2006年、香港に輸出を始め、07年に国内外の販売で付加価値となるグローバルGAPの認証を取得した。販売する野菜が育った畑の位置や、畑ごとに農薬や肥料の使用状況が分かるよう、IT機器の活用を進めてきた。     11年に同規格の最新版が登場したため、あらためて認証を取得。最新版では選果場の衛生管理のほか、食中毒が起きた場合の商品回収の手順や体制なども求められる。同農園は、商品ラベルに社名と会社のURL(ホームページのアドレス)、識別番号を記しており、生産履歴をすぐ確認できるという。今回認証を受けたのはニンジンとネギ、サトイモの各生産システムだが、今後、タマネギやダイコンなどにも広げる。     同農園は現在、青果は香港へ、加工品の切り干しダイコンは欧州に輸出している。同社では「いずれグローバルGAPの認証を取引条件とする海外のスーパーが出てくる。TPP(環太平洋連携協定)交渉も見据え、先駆けて取得することで輸出拡大につなげたい」と話している<参考:くまにちコムより>    ]]>