静岡県外から浜松市へ初の農業生産法人の参入。農地の集約化を推進し、全国から企業や農業法人の参入・誘致を進める(トップリバー)

レタスやキャベツ、白菜など農産物の生産・販売を行う農業生産法人のトップリバーが、農業が盛んな静岡県浜松市に、県外の農業生産法人が初めて参入し、市内に農場を開設した。同市では、農業従事者は高齢化や廃業で減少傾向にあり、新たな担い手の確保は喫緊の課題。市はこの初参入をきっかけに全国から農業生産法人や、農業に関心を寄せる企業の誘致を本格化させる。
 
 
同社は2000年に設立し、2010年の売上高は11億円。担い手育成や法人の立ち上げの支援も行う。冬場も生産できる拠点を探そうと静岡県に照会したところ、農業が盛んな地域として浜松市を推されたという。昨夏、「浜松農場」を同市浜北区に開所し、約1.3ヘクタールの農地で露地栽培のキャベツを作付けした
 
 
同社によると、周辺の耕作放棄地などを借り、将来的には10ヘクタールにまで規模を拡大する方針という。同市農林水産政策では「とにかく新たな担い手の確保が急務」と強調する。市はトップリバーの参入を追い風にと、農業に関心を寄せる企業や農業法人の負担軽減策として、農地の集約化を一手に引き受ける取り組みを始めた
 
 
さらに市は本年度、農業への関心度、参入実績の有無、浜松市に対する認識度をはじめとする意向調査を、首都圏の食品関連などの企業約850社を対象に行っている。1千社近くに及ぶ調査は初めてで、本年度内には結果がまとまる。浜松市の農業の現状・市内の総農家数(2010年)は約1万3900戸。特にこの20年間は減少傾向が続き、1990年と比べ29%(約5650戸)減。耕作放棄地は増え、耕地面積に対する割合は12.12%(10年)と、県平均(同)の10.94%を上回った。<参考:静岡新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  2. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  4. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  3. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  4. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
ページ上部へ戻る