静岡県外から浜松市へ初の農業生産法人の参入。農地の集約化を推進し、全国から企業や農業法人の参入・誘致を進める(トップリバー)

レタスやキャベツ、白菜など農産物の生産・販売を行う農業生産法人のトップリバーが、農業が盛んな静岡県浜松市に、県外の農業生産法人が初めて参入し、市内に農場を開設した。同市では、農業従事者は高齢化や廃業で減少傾向にあり、新たな担い手の確保は喫緊の課題。市はこの初参入をきっかけに全国から農業生産法人や、農業に関心を寄せる企業の誘致を本格化させる。
 
 
同社は2000年に設立し、2010年の売上高は11億円。担い手育成や法人の立ち上げの支援も行う。冬場も生産できる拠点を探そうと静岡県に照会したところ、農業が盛んな地域として浜松市を推されたという。昨夏、「浜松農場」を同市浜北区に開所し、約1.3ヘクタールの農地で露地栽培のキャベツを作付けした
 
 
同社によると、周辺の耕作放棄地などを借り、将来的には10ヘクタールにまで規模を拡大する方針という。同市農林水産政策では「とにかく新たな担い手の確保が急務」と強調する。市はトップリバーの参入を追い風にと、農業に関心を寄せる企業や農業法人の負担軽減策として、農地の集約化を一手に引き受ける取り組みを始めた
 
 
さらに市は本年度、農業への関心度、参入実績の有無、浜松市に対する認識度をはじめとする意向調査を、首都圏の食品関連などの企業約850社を対象に行っている。1千社近くに及ぶ調査は初めてで、本年度内には結果がまとまる。浜松市の農業の現状・市内の総農家数(2010年)は約1万3900戸。特にこの20年間は減少傾向が続き、1990年と比べ29%(約5650戸)減。耕作放棄地は増え、耕地面積に対する割合は12.12%(10年)と、県平均(同)の10.94%を上回った。<参考:静岡新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  4. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  5. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  6. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  7. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  10. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る