静岡県外から浜松市へ初の農業生産法人の参入。農地の集約化を推進し、全国から企業や農業法人の参入・誘致を進める(トップリバー)

レタスやキャベツ、白菜など農産物の生産・販売を行う農業生産法人のトップリバーが、農業が盛んな静岡県浜松市に、県外の農業生産法人が初めて参入し、市内に農場を開設した。同市では、農業従事者は高齢化や廃業で減少傾向にあり、新たな担い手の確保は喫緊の課題。市はこの初参入をきっかけに全国から農業生産法人や、農業に関心を寄せる企業の誘致を本格化させる。
 
 
同社は2000年に設立し、2010年の売上高は11億円。担い手育成や法人の立ち上げの支援も行う。冬場も生産できる拠点を探そうと静岡県に照会したところ、農業が盛んな地域として浜松市を推されたという。昨夏、「浜松農場」を同市浜北区に開所し、約1.3ヘクタールの農地で露地栽培のキャベツを作付けした
 
 
同社によると、周辺の耕作放棄地などを借り、将来的には10ヘクタールにまで規模を拡大する方針という。同市農林水産政策では「とにかく新たな担い手の確保が急務」と強調する。市はトップリバーの参入を追い風にと、農業に関心を寄せる企業や農業法人の負担軽減策として、農地の集約化を一手に引き受ける取り組みを始めた
 
 
さらに市は本年度、農業への関心度、参入実績の有無、浜松市に対する認識度をはじめとする意向調査を、首都圏の食品関連などの企業約850社を対象に行っている。1千社近くに及ぶ調査は初めてで、本年度内には結果がまとまる。浜松市の農業の現状・市内の総農家数(2010年)は約1万3900戸。特にこの20年間は減少傾向が続き、1990年と比べ29%(約5650戸)減。耕作放棄地は増え、耕地面積に対する割合は12.12%(10年)と、県平均(同)の10.94%を上回った。<参考:静岡新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  6. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  2. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
  3. リビングファームによる人と植物の共生。家庭用の水耕キットを通じて新しいライフスタイルを実現
    工業デザイン会社が家庭用の植物工場キットを開発  家庭のリビングに安らぎの空間をつくりだし、新しい…
  4. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
ページ上部へ戻る