長野県が企業やNPO法人などに遊休農地を仲介する「農業参入サポート事業」を開始。農業に関心がある企業などを呼び込んで遊休農地の解消を進める

長野県農政部は来年度、企業やNPO法人などに遊休農地を仲介する「農業参入サポート事業」を始める。現在は各市町村の農業委員会などが地元農家を中心に遊休農地の耕作者を探しているが、農業に関心がある企業などを呼び込んで遊休農地の解消を進める狙い。専門スタッフ2人を配置し、遊休農地の情報を発信し、企業訪問にも乗り出す。
 
 
2009年の改正農地法の施行で、企業の農業参入条件が緩和。10年度に県内で農業に参入した企業やNPO法人は前年度の3.5倍の21事業者となり、中には遊休農地を賃借して活用した例もあったという。
 
 
現時点の計画では、農業に関する知識が豊富な人材を一般公募で2人採用。東北信、中南信地方にある県の現地機関に1人ずつ配置する。遊休農地をリストアップし、位置や面積などの情報を県ホームページなどで公開。2人は県内外の企業やNPO法人、農業法人を訪問して売り込み、企業側のニーズも掘り起こす。
 
 
県農村振興課は「食品加工や飲食関連の企業が、農産物生産に乗り出す例も増えている。条件不利地に多い遊休農地でも有機栽培などで需要はあるはずだ」とみている。県は中期総合計画で、08〜11年度の4年間で遊休農地を2930ヘクタール解消する目標を定めたが、10年度までの3年間で耕作する農家などを見つけられた遊休農地は945ヘクタール。一方でその間に新たに耕作が放棄された農地もあり、遊休農地の増加傾向が続く。
 
 
農林水産省の10年の農林業センサスによると、長野県内の耕作放棄地(過去1年以上作付けせず、今後数年耕作をする予定のない農地)は前回の05年比0.6%増の1万7146ヘクタールとなった。さらに、同センサスによると、県内の農業就業人口の約7割が65歳以上で、同課は「高齢で耕作を続けられない人が増え、地域内で新たな耕作者を確保するには限界がある」としている。<参考:信濃毎日新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  4. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  5. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  10. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  2. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る