風評被害などで主力トマトが低迷している中、福島県いわき市の「とまとランドいわき」では3億円投じ、イチゴの温室ハウスを新設

農業生産法人のとまとランドいわき(福島県いわき市、鯨岡千春社長)は今後、直売事業を強化する。約3億円をかけて温室を新設し、2012年春からイチゴを出荷。13 年夏にはブルーベリーの観光農園も始める。原発事故の影響で主力のトマトの市場価格が低迷する中、温室を利用した多品目の農産物を直売することで、売り上 げの向上を目指す。
 
 
今後の計画では、売上高に占める直売比率を現在の3割から13年度には5割にまで引き上げる。とまとランドいわきグループの農業生産法人が、福島県いわき市内で、約4000平方メートルの温室でイチゴ栽培に乗り出す。12年3月から「ふくはる香」「とちおとめ」「紅ほっぺ」の3種類のイチゴ を出荷する。インターネット通販や本社併設の直売所などで販売する予定。
東日本大震災の津波被害で宮城県沿岸部でのイチゴ生産が落ち込み、需要が見込めると判断した。
 
 
ブルーベリー農園は2000平方メートル規模の土地にて、人工の土を入れた鉢植えを利用し、養液栽培する。12年から試験的に生産し、13 年から観光農園としてオープン、家族連れなどを集客したい考えだ。トマトの出荷が少なくなる6〜9月に営業する予定で、閑散期の集客につなげる。
 
 
とまとランドいわきは01年10月設立。2.3ヘクタールのガラス温室を活用し、低農薬でビタミンCやリコピンの含有量が通常の2倍近いトマトを年間750トン程度生産している。ジュースやジャムなどの加工品も販売。直売所やネット通販のほか、首都圏の一流ホテルなどに直接卸していた。直売比率は4割だったが、東京電力福島第1原発事故の影響で首都圏向けの直接取引の大半が中止になり、直売は3割に低下した
 
 
震災後は外部専門機関にて、トマトなどの放射性物質の独自検査を始め、2011年8月には出荷基準を国の暫定規制値の10分の1未満にした。これまでの検査ではすべて厳しい独自基準以下だが、12月の東京での市場取引価格は1キロ400円前後と他県産よりも100円安い状態が続く
 
 
今後は検査結果の公表や検査済みシールなどの風評対策とともに、イチゴやブルーベリーで利益率が高い直売所の集客力を高める。本社直売所の売上高は年間8000 万円程度だが、3年以内に1億円に増やしたい考え。11年8月期の売上高は震災で約1億8000万円と前の期から約2割減り、約1000万円の経常赤字だった。<参考:日本経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  5. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  8. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  3. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  4. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
ページ上部へ戻る