イオンアグリの5農場に対してグローバルGAP第4版の認証を発行。複数直営農場への認証はアジア発<テュフズードジャパンより>

テュフズードジャパンは、イオンアグリ創造株式会社が所有する5農場に対し、適正農業規範の世界標準であるグローバルGAP第4版の認証を日本で最初に発行した。青果物でのオプション1マルチサイト認証(単一オーナーと複数の直営農場への認証)は、アジアにおいても第一号となる、という。以下、詳細プレスを掲載しておく。

国内初! イオンアグリ創造株式会社へ「グローバルGAP第4版」を認証

今回、イオンアグリの直営農場が日本で最初に取得した認証規格であるグローバルGAP第4版は、2011年1月1日より施行されたもので、第3版とくらべると微生物由来の食品安全リスク管理などが改定されています。 生産管理上の安全性を確保する為に、サプライヤーに対して第三者認証を推奨してゆく傾向は、今後益々強まるとみられています。 また農業の「会社組織化」や「六次化」が進む中、今回のように効率的なマルチサイト認証のニーズも増える可能性があります
 
グローバルGAP認証取得に関する詳細は以下のサイトをご覧ください。
URL:http://www.tuv-sud.jp/ms/global_gap.html 
 
【グローバルGAPとは】
グローバルGAPとは、ヨーロッパを中心に世界100カ国以上で実践されている適正農業規範の世界標準であり、農業者が日々の農場運営の中で実施すべき農産物の安全性や労働安全の向上を含めた、持続可能性の高い環境保全型農業を実践するためのチェック項目が具体的に定められています。

食品安全の意識が高まるなか、これらの要素を盛り込んだ農業規範に則って生産しているサプライヤーを選定するための物差しとして、グローバルGAP認証の取得が求められています。 欧州や世界の農作物市場、特に欧州の大手小売業者においては、グローバルGAP認証の取得が農業生産者に対する取引条件となっています。 そのため、グローバル市場に農作物を出荷する日本の農場に対しても、グローバルGAPの認証取得がもとめられています。
 
【グローバルGAP第4版の特徴】
これまでは、生産中に使用された全ての農薬の残留検査が要求されておりました。 これがコスト増の原因となり、グローバルGAP普及が進まない一つの要因と考えられていました。 第4版ではこの点を改善し、残留リスクの高い成分のみを検査対象とするよう要求項目が見直され、コストの削減が可能となりました。

また、これまではオプションであった選果場も、管理の範囲に必ず含まれる事となり、農場から出荷されるまでのバリューチェーン全体におけるマネジメントシステムを評価する事により、食品安全リスクを抑える事をより意識したものに改訂されています

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  10. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  4. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
ページ上部へ戻る