イオンアグリの5農場に対してグローバルGAP第4版の認証を発行。複数直営農場への認証はアジア発<テュフズードジャパンより>

テュフズードジャパンは、イオンアグリ創造株式会社が所有する5農場に対し、適正農業規範の世界標準であるグローバルGAP第4版の認証を日本で最初に発行した。青果物でのオプション1マルチサイト認証(単一オーナーと複数の直営農場への認証)は、アジアにおいても第一号となる、という。以下、詳細プレスを掲載しておく。

国内初! イオンアグリ創造株式会社へ「グローバルGAP第4版」を認証

今回、イオンアグリの直営農場が日本で最初に取得した認証規格であるグローバルGAP第4版は、2011年1月1日より施行されたもので、第3版とくらべると微生物由来の食品安全リスク管理などが改定されています。 生産管理上の安全性を確保する為に、サプライヤーに対して第三者認証を推奨してゆく傾向は、今後益々強まるとみられています。 また農業の「会社組織化」や「六次化」が進む中、今回のように効率的なマルチサイト認証のニーズも増える可能性があります
 
グローバルGAP認証取得に関する詳細は以下のサイトをご覧ください。
URL:http://www.tuv-sud.jp/ms/global_gap.html 
 
【グローバルGAPとは】
グローバルGAPとは、ヨーロッパを中心に世界100カ国以上で実践されている適正農業規範の世界標準であり、農業者が日々の農場運営の中で実施すべき農産物の安全性や労働安全の向上を含めた、持続可能性の高い環境保全型農業を実践するためのチェック項目が具体的に定められています。

食品安全の意識が高まるなか、これらの要素を盛り込んだ農業規範に則って生産しているサプライヤーを選定するための物差しとして、グローバルGAP認証の取得が求められています。 欧州や世界の農作物市場、特に欧州の大手小売業者においては、グローバルGAP認証の取得が農業生産者に対する取引条件となっています。 そのため、グローバル市場に農作物を出荷する日本の農場に対しても、グローバルGAPの認証取得がもとめられています。
 
【グローバルGAP第4版の特徴】
これまでは、生産中に使用された全ての農薬の残留検査が要求されておりました。 これがコスト増の原因となり、グローバルGAP普及が進まない一つの要因と考えられていました。 第4版ではこの点を改善し、残留リスクの高い成分のみを検査対象とするよう要求項目が見直され、コストの削減が可能となりました。

また、これまではオプションであった選果場も、管理の範囲に必ず含まれる事となり、農場から出荷されるまでのバリューチェーン全体におけるマネジメントシステムを評価する事により、食品安全リスクを抑える事をより意識したものに改訂されています

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  4. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  3. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  4. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
ページ上部へ戻る