沖縄産センダンの葉の抽出エキスからインフルエンザウイルスの除去噴霧液を開発。県内外の病院や保育所向けに販売する(沖縄物産企業連合)

沖縄県産品を販売する沖縄物産企業連合が、沖縄産のセンダンの葉から抽出したエキスを用いたインフルエンザウイルスの除去液「ウイルスハンター7」の販売を始めた。原液を10倍程度に薄めて専用の機器で噴霧すると、空間中のウイルスを不活性化できるという。沖縄県内外の病院や保育所などに売り込む
 

<写真は同社HPより>

 

センダンは沖縄県を含む東南アジアなどで自生するセンダン科の高木。防虫効果があり、沖縄では衣類の防虫などに使われてきたという。国立感染症研究所の呼吸器系ウイルス研究室長などを歴任し、今は民間の生物資源研究所(名護市)所長を務める根路銘国昭氏が葉の有効成分を抽出、濃縮した。
 
 
このエキスにインフルエンザウイルスを分解する効果があるとしており、製造を担当する大塚薬品工業(埼玉県川越市、大塚昭男社長)の分析では、10倍に希釈したエキスはウイルスの80%以上を不活性化するという。販売するのは沖縄物産企業連合と水耕八重岳。水耕八重岳はすでにテスト販売を始めており、保育所などに納入している。今後は病院のほか、不特定多数の人が集まる金融機関などにも売り込む
 
 
価格は2リットル入り2本で2万6460円。加湿器のように噴霧できる専用の機器「ウイルスハンターF」が3万4650円。10倍に薄めて1日8時間、連続使用した場合、2リットルを使い切るのに2カ月程度かかるという。沖縄物産企業連合などはすでにメロディアンが製造した、霧吹き器具入りのエキス「除菌・消臭ウイルス除去ミスト」など2種類も販売している。来春までに全体で1000万円程度の売り上げを目指す。<参考:日本経済新聞より> 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  4. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  5. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  10. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
ページ上部へ戻る