沖縄産センダンの葉の抽出エキスからインフルエンザウイルスの除去噴霧液を開発。県内外の病院や保育所向けに販売する(沖縄物産企業連合)

沖縄県産品を販売する沖縄物産企業連合が、沖縄産のセンダンの葉から抽出したエキスを用いたインフルエンザウイルスの除去液「ウイルスハンター7」の販売を始めた。原液を10倍程度に薄めて専用の機器で噴霧すると、空間中のウイルスを不活性化できるという。沖縄県内外の病院や保育所などに売り込む
 

<写真は同社HPより>

 

センダンは沖縄県を含む東南アジアなどで自生するセンダン科の高木。防虫効果があり、沖縄では衣類の防虫などに使われてきたという。国立感染症研究所の呼吸器系ウイルス研究室長などを歴任し、今は民間の生物資源研究所(名護市)所長を務める根路銘国昭氏が葉の有効成分を抽出、濃縮した。
 
 
このエキスにインフルエンザウイルスを分解する効果があるとしており、製造を担当する大塚薬品工業(埼玉県川越市、大塚昭男社長)の分析では、10倍に希釈したエキスはウイルスの80%以上を不活性化するという。販売するのは沖縄物産企業連合と水耕八重岳。水耕八重岳はすでにテスト販売を始めており、保育所などに納入している。今後は病院のほか、不特定多数の人が集まる金融機関などにも売り込む
 
 
価格は2リットル入り2本で2万6460円。加湿器のように噴霧できる専用の機器「ウイルスハンターF」が3万4650円。10倍に薄めて1日8時間、連続使用した場合、2リットルを使い切るのに2カ月程度かかるという。沖縄物産企業連合などはすでにメロディアンが製造した、霧吹き器具入りのエキス「除菌・消臭ウイルス除去ミスト」など2種類も販売している。来春までに全体で1000万円程度の売り上げを目指す。<参考:日本経済新聞より> 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  2. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  3. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  7. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  4. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
ページ上部へ戻る