大分県・宇佐市にローソンファームを新たに設立。九州・近畿のローソン約360店舗でも販売予定。今年度中に全国4〜6カ所で同様モデルを展開予定

コンビニエンスストア大手のローソンが12月14日、野菜を生産・出荷する農業生産法人「ローソンファーム大分」(従業員5人)を宇佐市内に設立した、と発表した。0.65ヘクタールの農場でトマトを生産し、県内外のローソンで販売する。今年度の収穫量は約20トン、来年度は約80トンを見込んでいる。ローソンファームは2010年に千葉で設立されたのを皮切りに、大分は全国で4カ所目
 
 
同組織は、宇佐市にある農業・医療福祉会社「アクトグループ」が75%、ローソンが15%、その他の会社が残りを出資して立ち上げた。現在はトマトだけだが、今後はそれ以外の作物も加えたいという。前身の会社が栽培してきたトマトにローソンファームのステッカーを付け、野菜の販売を扱う県内42店のローソンで14日から販売を始めた。今後は大分以外の九州と近畿のローソン約360店舗でも売り出す予定で、販売額は今年度が約700万円、来年度は約2800万円を見込んでいる。
 
 
同社は女性や高齢客の取り込みを図るために店舗での野菜の取り扱いを強化している。大分県庁で会見したローソンの新浪剛史社長は「野菜の販売量は増えており、(ファームは)今後3年ほどで30カ所の設置を目指す」との方針を示した。
 
 
ファームは2010年6月以降、千葉、鹿児島、北海道で設立。同社は、大根やニンジンなどの収穫物をグループの店舗約3300店舗で販売している。ローソンは今後、今年度中にさらに全国4〜6カ所で農業生産法人を設立し、県内では来年2月、白菜を専門に作る法人を豊後大野市に立ち上げる方針。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  2. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  3. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  4. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  5. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  2. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る