簡単に野菜が栽培できる「デザイン性の高いミニ植物工場」:半年くらいは継続的にハーブ類を栽培可能

本日は、AeroGrow International社 が開発・販売する「エアロ・ガーデン」(ミニ植物工場・水耕栽培キット)の紹介。

商品は栽培キット、肥料、種、そしてライト(電球)がセットになっており、太陽の光があまり届かない室内キッチンの省スペースでも、お洒落に野菜を栽培できる。種は「ミニトマト、チリペッパー、ハーブ、バジル、サラダ菜」などがある。
 
簡単に野菜が栽培できる「デザイン性の高いミニ植物工場」:半年くらいは継続的にハーブ類を栽培可能
 
まず最初に、お洒落でデザイン性が高い印象を受けた。栽培方法も簡単で、容器に決められた量の水を入れ、種と錠剤の肥料(下記写真)を一粒、くぼみにいれるだけ。あとはスイッチオン、電源を入れたら完成。太陽がなくても栽培可能だが、日中などの明るさに応じて、電球(ライト)が自動にオン・オフを調整してくれる

簡単に野菜が栽培できる「デザイン性の高いミニ植物工場」:半年くらいは継続的にハーブ類を栽培可能

レタス・バジルで3週間ほど、ハーブ類で6週間くらいで大きく成長する(栽培環境によって期間は異なる)。また収穫しても、次々と成長してくるので、再び収穫可能である。約半年間は、継続的に収穫→成長を繰り返すことができる。
 
 
途中で間引きする必要もなく、かなり密集しても成長可能。個人的にも良いアイデアと思ったのが、ライトのアーム部分。栽培する作物の丈に応じてアームの高さを上下に調節することができる点(ちょっとしたことだけど、非常に便利だと感じた)。小さいサイズの栽培キット本体が50ドルほど、種などのセットでも80ドルくらいにて、アマゾンで割引販売されています。この機会にどうでしょうか?
 
 
◆ 成長速度も、かなり早いようです(比較実験動画)

 
 
◆ 本製品の詳細動画(英語で少し長いです)

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  4. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  5. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  6. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  7. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  2. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
ページ上部へ戻る