店舗併設型の植物工場・ITツールを利用した顧客との結びつき/野菜を豊富に使用した商品を全面に打ち出し、健康志向の消費者を取り込む(サブウェイ)

東日本大震災の影響から多くの外食企業が回復途上にあるなかで、サンドイッチチェーンの日本サブウェイは、2011年12月期の全店売上高は145億円前後と、増収率は前期比5割になる見込み。新規出店も90店を超え過去最高を更新した。いずれも11年度では外食業界トップクラスで、出店計画は上方修正を決めた。主因は野菜を豊富に使ったメニューで健康や安心を打ち出した商品戦略にあるとみて、今後、さらに強みを磨く。
 
 
「当初は成り立たないかな、と思ったが、じわじわと客数が増えて、今では計画を5割上回る」。昨年夏、高齢者が多い大阪市の天神橋に出した店は、半ば実験的な意味合いもあった。サンドイッチを高齢者がどれだけ食べてくれるか予想がつかなかったが、最近になってこの年齢層の客が増えているという。「野菜を豊富に食べられることが、健康に関心のある高齢者に支持されたのではないか」。伊藤社長はこう分析する。
 
 
同社は小型の植物工場を設置した店を出すなど、以前から「野菜」を重視した運営方針を掲げ、消費者の認知度も徐々に高まっていた。震災後、健康だけでなく、食の安心・安全への関心が一気に高まるなかで、こうした姿勢が注目された可能性がある。今期の既存店売上高は前年に比べ9%増のペースで、前期並みの増収率を確保。2年前に比べ1店当たりの売上高は25%伸びた
 
 
こうした好調ぶりをうけ、フランチャイズチェーン(FC)店のオーナーの複数出店意欲が高まっている。「ファストフードなど他のFCからのくら替えも増えた」前期の総出店数は過去最高の54店だったが、今期はこれを大幅に上回る92店になりそうだ。今期末の総店舗数も当初目標の300店を23〜25店上回る。すでに114店分のFCの新規契約があり、来期以降も出店ペースは落ちそうにない。収益拡大が店舗網拡大につながる好循環が生まれており、伊藤社長は「15年に600店体制、全店売上高300億円」という新たな目標を打ち出した。
 
 
店舗網拡大は「物流効率改善という効果も生んでいる」(同)。直営店をFC転換しているものの、今期の本部売上高は前期比15%増の30億円を見込む。コスト改善により、売上高営業利益率は7%、総資産利益率(ROA)は18〜20%と「ようやく正常なチェーンになってきた」
 
 
同社は成長の原動力となった「野菜」にさらに磨きをかける方針だ。従来は店でセミナーを開いたり、独自農法による「語れる野菜」の取り扱いを増やしたりしてきたが、今後はパンへのこだわりも訴える。例えばトマトやホウレンソウの粉末を練り込んだ「ブレッドラボオリジナル トマトバジル」や「同 ほうれん草」というパンを都内のモデル店に導入する。実験的にサラダを主食にしパンと一緒に提供するセットメニューの販売も始める考え。健康志向の高まりからサラダを主食にパンを食べる人は増えており、潜在需要は大きいとみる。
 
 
これまで交流サイトやツイッターで植物工場での生育情報などを流してきたが、こうしたIT(情報技術)を顧客情報管理にも活用する。併設して植物工場を稼働させている店舗では、ツイッター等を通じて定期的に収穫したレタスの試食会などを実施している。今後も顧客の要望などを吸い上げる「場」として育てる構想で、野菜で培った店舗ブランドのさらなる向上を目指す考えだ。<参考:日経MJなど>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  2. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  3. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  4. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  5. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  10. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  3. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  4. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
ページ上部へ戻る