個人情報保護ポリシー

  1. 個人情報の考え方(個人情報保護ポリシー)
    (1) 一般社団法人イノプレックス(以下「当法人」とする)では、お客様個人を識別しうる情報(以下、個人情報)を適切に保護することを社会的責任と考え、以下の取組みを推進します。

    (2) 当法人は、社員に対する教育啓発活動を実施するほか、個人情報保護管理責任者を置き、個人情報の適切な管理に努めます。

    (3) 当法人は、コンピューターシステムに格納された個人情報については、合理的な技術的施策をとることにより、個人情報への不正な浸入、個人情報の紛失、 改ざん、漏えいなどの危険防止に努めます。

    (4) 当法人は、お客様から提供頂いた個人情報を、お客様とのご契約上の責任を果すため、また合意を頂いたお客様に対して有用な情報をお届けするためにのみ利用します。
    また、個人情報の収集・利用については、以下の「3.個人情報の収集・利用について」の通りです。

    (5) 当法人は、お客様から提供いただいた個人情報を、正当な理由のある場合を除き、業務の委託先以外の第三者には提供いたしません。

    (6) 当法人は、お客様の個人情報の保護に関係する日本の法令その他の規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を継続的に見直し改善に努めます。

  2. 個人情報保護ポリシーが適用される範囲
    当法人は、情報配信サービス、市場調査・コンサルティングサービスの実施において、お客様にお約束している個人情報保護ポリシーを遵守し、お客様の個人情報を保護します。当法人は、当法人のウエブページにリンクされている他の事業者(または個人)のウエブサイトにおける個人情報の保護については責任を負うものではありません。
  3. 個人情報の収集・利用について
    (1) 収集目的:当法人は情報配信サービス、市場調査・コンサルティングサービスやそれに付随する業務(販売促進、ビジネスマッチング、アンケート調査等)、テキスト販売、当法人主催のセミナー案内の送付、関連情報の提供等の目的で個人情報を収集いたします。お客様が希望される場合、当法人と信頼関係にある企業や団体からのご案内をお送りする目的で個人情報を収集することがあります。

    (2) 収集内容:当法人が保有している個人データの内容は以下の通りです。 基本的な内容は、会社名、役職名、氏名、郵便番号、住所、 電話番号、FAX番号、メールアドレスです。但し、特定の個人情報を提供いただけない場合には利用できないサービスもあります。

    (3) 利用目的:当法人で保有している個人情報は、情報配信サービス、市場調査・コンサルティングサービスやそれに付随する業務(販売促進、ビジネスマッチング、アンケート調査等)を行う上で欠かせない確認や案内、当法人主催のセミナー案内の送付、会報誌の送付、ビジネス情報の提供等で利用させて頂きます。
    また、販売促進・アンケート調査等のために必要な範囲で個人情報を業務委託先に預託することがありますが、この場合は当法人の個人情報保護原則のもとに保護いたします。

  4. お問合せ先
    個人情報に関するお問合せは、【 info [@] innoplex.org 】及び、お問合わせ欄にて、ご連絡ください。
大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  3. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  4. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  2. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
ページ上部へ戻る