個人情報保護ポリシー

  1. 個人情報の考え方(個人情報保護ポリシー)
    (1) 一般社団法人イノプレックス(以下「当法人」とする)では、お客様個人を識別しうる情報(以下、個人情報)を適切に保護することを社会的責任と考え、以下の取組みを推進します。

    (2) 当法人は、社員に対する教育啓発活動を実施するほか、個人情報保護管理責任者を置き、個人情報の適切な管理に努めます。

    (3) 当法人は、コンピューターシステムに格納された個人情報については、合理的な技術的施策をとることにより、個人情報への不正な浸入、個人情報の紛失、 改ざん、漏えいなどの危険防止に努めます。

    (4) 当法人は、お客様から提供頂いた個人情報を、お客様とのご契約上の責任を果すため、また合意を頂いたお客様に対して有用な情報をお届けするためにのみ利用します。
    また、個人情報の収集・利用については、以下の「3.個人情報の収集・利用について」の通りです。

    (5) 当法人は、お客様から提供いただいた個人情報を、正当な理由のある場合を除き、業務の委託先以外の第三者には提供いたしません。

    (6) 当法人は、お客様の個人情報の保護に関係する日本の法令その他の規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を継続的に見直し改善に努めます。

  2. 個人情報保護ポリシーが適用される範囲
    当法人は、情報配信サービス、市場調査・コンサルティングサービスの実施において、お客様にお約束している個人情報保護ポリシーを遵守し、お客様の個人情報を保護します。当法人は、当法人のウエブページにリンクされている他の事業者(または個人)のウエブサイトにおける個人情報の保護については責任を負うものではありません。
  3. 個人情報の収集・利用について
    (1) 収集目的:当法人は情報配信サービス、市場調査・コンサルティングサービスやそれに付随する業務(販売促進、ビジネスマッチング、アンケート調査等)、テキスト販売、当法人主催のセミナー案内の送付、関連情報の提供等の目的で個人情報を収集いたします。お客様が希望される場合、当法人と信頼関係にある企業や団体からのご案内をお送りする目的で個人情報を収集することがあります。

    (2) 収集内容:当法人が保有している個人データの内容は以下の通りです。 基本的な内容は、会社名、役職名、氏名、郵便番号、住所、 電話番号、FAX番号、メールアドレスです。但し、特定の個人情報を提供いただけない場合には利用できないサービスもあります。

    (3) 利用目的:当法人で保有している個人情報は、情報配信サービス、市場調査・コンサルティングサービスやそれに付随する業務(販売促進、ビジネスマッチング、アンケート調査等)を行う上で欠かせない確認や案内、当法人主催のセミナー案内の送付、会報誌の送付、ビジネス情報の提供等で利用させて頂きます。
    また、販売促進・アンケート調査等のために必要な範囲で個人情報を業務委託先に預託することがありますが、この場合は当法人の個人情報保護原則のもとに保護いたします。

  4. お問合せ先
    個人情報に関するお問合せは、【 info [@] innoplex.org 】及び、お問合わせ欄にて、ご連絡ください。
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  2. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  3. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  4. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  5. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  8. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  2. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  3. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る